2007年03月

2007年03月29日

(祝)出版社設立!株式会社 美容総合出版

私がアップスタイルの特集をさせて頂いた、美容の友社が3月15日を以て閉社となりました。

このニュースを知ったのは、2月の中旬ある雑誌社の人と飲んでいた時でした。

「先生、知ったはります〜ぅ?」 「え〜ぇ〜ぇ!」という感じでした。

私は何故か、最初と最後に縁のある人間で、「またか〜ぁ!!」と思ったのです。実は、これが初めてではなく、信竜会の時、何故か最後までやったのは私で、長永会を立ち上げたのは、最初という事になります。

今度も私のアップスタイル特集を載せて頂いた、美容の友社『さらさ』3〜4月号が最後の号になってしまったのです。これは私にとってすごい事件でした。

僕の特集が原因か!? 色々なネガティブな妄想が・・・!

また、最後か〜ぁ

私は取り締まり役の河本さんに恐る恐るメールを打つと「心配しないで下さい」と返事が!!

そうこうする内に株式会社 美容総合出版 設立のお知らせが送られて来ました。

よかった〜ぁ!僕のせいじゃなかったんや〜ぁ!

美容の友社に何があったのかは、未だに分からないけれど、とにかく新会社設立おめでとうございます!

社長の河本さん!常務の樹貴さん!頑張って下さい!またゆっくり話し聞かせてください!

でも、やっぱり私のアップスタイル特集の評判は今でも気になるのです

ブログランキング

←ブログランキングに参加してます、クリックお願いします。

 

アップスタイル テクノラティプロフィール

choei_moto at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!美容業界誌 

2007年03月28日

ずるい生き方

(´-`)最近、東京、大阪、神戸と講習の為、支部を回っていると、私のような者でも、講習以外で、様々な相談を受けるようになりました。

仕事の悩み、家庭の事、恋愛と多岐にわたります。

その中でもやはり最も多いのが仕事、つまり、美容師としての行き詰まりとか、将来への不安、自分の行きたい方向、現在の店の不満等です。

私は20代の頃、有名店に居たわけでもなく、自分と同じ方向を目指す同じ環境の仲間もなく、小さな、小さな両親のサロンを手伝いながら1人でもがき、苦しみ、焦り、今日まで自分で道を切り開いてきました。

現在、自分の研究会を持てるところまできましたが、そのような経験から自分がして貰えなかった事(業界をよく知る人に自分の悩みを相談する)を時間がある限り、受けるようにしているのです。

中には「有名になりたいんですけど、どうしたらいいですか?」などふざけた質問もありますが、相手が真剣な場合は真剣に考え、答えますし、質問内容が甘いなと思ってもヒントだけは言うようにしています。

ただ、最近の美容師の傾向として、ずるく立ち回って上がって行こうとする考え方が多いなと思います。『ずるい生き方』をしようとしているうちは、絶対、悩みも解決しませんし、夢も叶いません!

ピュアな心と行動と努力に人は賛同し協力してくれるのです。

ブログランキング

←ブログランキングに参加してます。クリックお願いします。

テクノラティプロフィール

上のエッセイの追記を書きました。「ずるい生き方」とは・・・?
  
 ↓


続きを読む

choei_moto at 23:18|PermalinkComments(5)TrackBack(0)この記事をクリップ!長永先生の想い 

2007年03月23日

何様・・・

空港私は講習の為、東京に行く時、飛行機をよく利用します。

この日も3月の講習を終えて帰路に着き、いつものように羽田から飛行機に乗りました。そして私の席に向い荷物を私の席上の荷物入れに入れようとした時の出来事です。

飛行機に乗った人なら分かると思いますが、席上の荷物入れのスペースはその席付近の方、数人で共有するようになっています。つまり個人1人が使用するのではないのです。

私は通常、荷物のかばんをスペースの端に寄せて、本棚の本の如く立て横向けに置き、なるべく、スペースを使わないように最小限の使用に注意します。まあ、社会人であれば、当然のマナーといえると思います。

この日も荷物を置こうとしたら、なんとスペースの真ん中にしかも、かばんを寝かせて横に並べて2つのかばんが置かれてありました。席を見ると60歳前後のスーツを着た初老の男性2人が偉そうに横柄な態度で席に座っていました。

このような状況に遭遇するのは、1度や2度ではありません!しかもいつも60前後のビジネスマンなのです!

彼らは、管理職だと思いますが、このような人間が部下に何を指導するのでしょうか?

私はまだまだビジネスクラスではなく、エコノミーの席ですが、「だから、あなた達はエコノミーなんだ!」と言いたいのです!

実力のある管理職がこのようなマナーも分からない筈はありません!でも態度だけは何様なのです。会社の品格を疑います。

結局、歳は往っても、中途半端な人間はず〜っとそうだなと哀れみの目でその人間を見つめました。

美容業界にもこうゆう人間は沢山いますが、彼らを反面教師に『実るほど首を垂れる稲穂かな』を胸に刻んだのです。

ブログランキング ←クリックお願いします テクノラティプロフィール

choei_moto at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!長永先生の怒り 

2007年03月21日

講習会の後・・・

講習生

私のアップスタイル講習会には様々な美容師の方が来て頂いているのですが、え〜っぇと言う位遠方から足繁く通って頂いている1人に写真の彼女(亀田さん)がいます。

彼女は私の東京会場の講習会に富山県から月1回、夜行バスに乗ってやって来る熱心な人です。北陸でアップスタイルと言えば亀田さんと言われるようになるのが目標なのだそうです。

私の講習会では、講習が終わると講師や時間の空いている受講生何人かで、ご飯を食べに行くのが常ですが、講習よりそっちを楽しみにしている人もいるのです。

いつも、ご飯をたべながら、今日の反省点やこんな風に講習をすればいいとか、アップの質問、私生活に至るまで話が飛び交います。この日は彼女の恋愛談義に花が咲き、どうすれば、彼氏が出来るかが話題になりました。

「アップの講習とは別に違う意味でためになりました(笑)明日には彼氏ができそうな気がしてきました(笑)」と彼女の弁。

早く彼氏が出来るのを祈っています!

 

ブログランキング ←クリックお願いします テクノラティプロフィール

2007年03月14日

三輪車

6c550096.jpg3月に1歳になったばかりの私の息子。有礼(ありひろ)、通称あっくんです。この日、買って貰ったトーマスの三輪車が家に着き、さっそく試乗。満面の笑顔をパチリ!


choei_moto at 23:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)この記事をクリップ!

にいちゃん

ユニティアップスタイルの研究会を主催する私でも、サロンでは殆どアップを結う事は少ないのが現状です。

私のお客様は私が子供の頃から知っている方が多く、先日も「にいちゃんいてる?今日はな、町の名士が集まるお稲荷さんの祭りがあるねん。一番ええ着物着ていくから、ばっちり結うてや!」なのです。

業界では『先生』と呼ばれている私もサロンでは殆ど『にいちゃん』なのです。別に偉そうにするのは大嫌いだし、サロンでは永遠に『にいちゃん』でいいかと思っています。

その数少ないアップの注文が『シンプルでハッとするようなスタイル』で、これは腕の見せ所だったのです。髪の状態から私の選択したスタイルは『ユニティ』でした。これは合わせ貝の後に似ていて、毛先の髷がない、極めて超難度のスタイルです。これを結える美容師は滅多にいません。

写真のスタイルがそれです。極めて粋なスタイルなのです!

「こんな髪型してもうた事ないわ!今日会う議員さんの奥さんに自慢したろ!にいちゃんやっぱりうまいわ〜ぁ。」

こんな下町のおばさんの評価が最も厳しく、ダイレクトに感想が返ってきます。だからこそこんな言葉は美容師として嬉しい一瞬でもあります。私は下町では破格の5千円というアップ料金を頂いてますが、よっぽど気に入られたのか千円のチップを置いていかれました。

最後に「にいちゃんって、偉いんやてな〜ぁ。先生って言わなあかんな〜ぁ〜ぁ。」

「なあ、にいちゃん!」

最後まで『にいちゃん』でした(笑)

テクノラティプロフィール

ブログランキング

←クリックお願いします 



choei_moto at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!アップスタイル 

2007年03月07日

さらさ

sarasa2月10日『アップスタイル特集』と言う私の特集が掲載されたさらさ3〜4月号が発売になりました。

私のコラムやプロフィールも1ページ割いて頂き、顔写真まで載せて頂きました。早速手許に届いた本を見てみますと結構気恥ずかしくて、業界雑誌とは言え全国に配送される事を考えますと顔を頭巾で被って外を歩きたい心境です。

会の講師連中は「先生、顔まで載っちゃってるよ!」と喜んでいるのか、からかっているのか分からない状態で、どうも、からかいの対象にしかなっていない感じがします。

今回10ページの特集だったため、私自身もこの雑誌を見て頂いた美容師の方がどういう評価を下すのか心配で結構落ちつかない日々を送っております。

身近な私のお客様は「非常に品格の高い作品で、先生らしい。」と言って頂きました。

今回これがきっかけで、浜松のヘアーショウ浜松の美容組合でのセミナー、大阪での実技講習と立て続けに仕事の依頼を頂き驚いております。

「先生のステージはどうせ、やしきたかじんのコンサートみたいに、ず〜っとしゃべりで、時々技術でしょう?芸人ですからね〜ぇ(笑)」と口の悪い講師が言うので、「分かってるやないか〜ぁ」と答えました。

テクノラティプロフィールブログランキング ←クリックお願いします

choei_moto at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!美容業界誌 
Profile
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。