2007年10月

2007年10月10日

師匠の事〜続編

前回、書き足らなかった師匠の事、続編です。

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

師匠(信竜淳二先生)が亡くなる1年位前から、おかしいな〜ぁという状況が会では、起こるようになってきました。

先生が、会を長期に休む事態が増え・・(遺族から手術の為と後で聞かされ・・)会の中も講師同士がギクシャクしてきました。

私は信竜会では、本当に自由にさせて頂いていたので、放し飼い状態でした。(笑)

「あいつは、縛ると、良さはでんから、自由にさせろ。」

先生は他の人達には、いつもこう言っていたらしいのです・・・

当時の私は若かったですから、アップ以外にもやる事は沢山ありました。カットも・・メイクも・・・

他の講師のようにアップだけに時間を全て割けない状態でした。

その分、年配の幹部連中からの風当たりも厳しく、批判を受ける事が多くなりました。

「信竜先生の前だけは、調子がよくて、日頃は何もしない!」

そんな事もあり、手術後、ガリガリに痩せて復帰した先生が心配でしたが、いつもの様に近づけなくなっていたのです。

「本君!お前は俺を避けてるのか!!」

「いえ!そんな事は・・・」

「だったら、俺のカバンを持て!」

先生も私の微妙な距離の置き方が気になっていたのか、先生の方からそう言う事が多くなりました・・・

「東京の○○や○○は、特に優秀で、それ以外でも優秀な奴は一杯いるが、お前みたいな奴はおらん・・変なもんばっかり作って・・・お前さんは、そうだな岡本太郎だ・・爆発したまんまだ・・爆発したまんまで帰ってこん!お前さんは、まとめ方を勉強しろ!」

そう喫茶店で言われた私は、先生に「ハイ・・分かりました・・・」と答え、

「先生、だったら僕の名刺に『最も出来の悪い弟子』と書いていいですか?」
「ああ、かまわん!そう書いとけ!!」とお墨付きを頂いたのが亡くなる数ヶ月前だったのです・・・

私が教え子にあまり型にはめる事をせず、自由にさせるのは、こんな事も一つの要因かもしれません。

この続きはまた次回に・・・

師匠の事〜続編を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


2007年10月06日

師匠の事

今日は師匠の事を少し交えて・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

私の師匠は言わずと知れた、信竜淳二先生という方です。

今では、あまり私の会でもお話する事はありませんが、飲んだ時は少し話すようです・・(無意識に・・)

若い方は、もう知らない方が多く、先輩に聞いたというのが多いです。

今でも、心の中で尊敬する先生である事は、疑いようのない事ですし、超えられない巨人でもあります・・・

先生亡き後、私も含めて、沢山の弟子がアップの講習を全国でなさっておられます。

アップの講習会として、生き残っているところは殆ど信竜会系である事からも、信竜会のレベルの高さが証明されていると思います。

先生は同じでも考え方は、みなそれぞれ違うのは当たり前の事です。

信竜会系で、アップの講習会をなさっておられる方は、皆、お互い旧知の方ばかりです。(時々、こんな人知らんというケースがありますが・・・)

皆さん共通している事は、『会で最も偉かった・・』とか『会で最も優秀だった・・』とか『信竜先生の最も近くにいた・・』とかの謳い文句です・・

生前、「東京の○○は、出来がいい」というセリフを先生からよく聞きましたが、そんな優等生からかけ離れた私はどこ吹く風でした・・

まあ、はっきり言って「出来の悪い代表は、お前だ!」といつも言われてましたから・・

そしていつも言われてたのが、「お前はよう分からん!」でした。先生にとっては宇宙人だったようです。

先生には、申し訳ないのですが、現在、『信竜先生に最も近い・・』という事を主張し、信竜先生の代わりを主張している方々が多い中、私は『信竜先生から遠く・・』を主張し、代わりも嫌です。

つまり、信竜先生のスーパーコピーみたいな人間になるなんて、嫌なんです。

自分の中には『信竜』という血が脈々と流れているのは認めますが、あくまで私は『本流』『長永流』でありたいですね・・・

信竜先生にいつも言われていた「お前は好きなようにしろ!」の道を、現在も歩いているような気がします・・・(先生!スイマセン!)

ですから、私の会にはユニークな人間が集まるような気がします(笑)

師匠の事を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


2007年10月03日

浜松で展示講習をしてきました!

展示講習7月に続き、10月1日、浜松アップスタイルの展示講習をしてきました。

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

事前にお願いしていたモデルさん3人なのですが、当日、準備の部屋へ来てびっくり

毛が短いのです

これには、参りました・・・事前に予定していたスタイルが出来ない・・・

お願いしていたディーラーさんに聞くと「あっ、短かったですか〜ぁ」で終わり

下の生え際周りはそこそこ長いのですが、トップなんか15cmあるかないか・・

(どうすんねん、あれほど言っておいたのに・・・)

急遽、スタイルを変更しなければならず、とっさの判断を求められました・・

これはサロンの仕事ではなく、美容師に自分の最高のものを見せる、言わば、ライブですから、当日にこの不利な条件は、凍り付きました。

もし、失敗しても誰も「モデルさんが悪かったから・・」とは言ってくれません

大変なプレッシャーと焦りを感じて準備にかかりました・・

ステージが始まり、30分位経った頃、待機していたスタッフがタオルを持って来てワゴンに置くので、何故かな・・・と思っていたら、私の額から滝の如く汗が出ている事に気付いたのです。

喋りは流暢に、いつもどうりなのですが、心の中でモデルさんの髪の短さの不安があったんでしょうね・・・汗が出ていたようです(笑)

1人モデルさんが仕上がった頃、心の中で、「行けると思ったら汗が急に止まりました

私はつくづく、小さい人間だと感じました・・・(笑)

フィナーレまで、帰る方もおらず、拍手を頂き、終わってからも多数の質問を受けました。

手伝ってくれた会の講師が「先生、終わっても、観客がなかなか帰らないで、会場に残っていて、質問したり、写真を撮っているのは、成功した証しですよ

と、言ってくれ、リアル化学の松野さんからも「よかったですよ。」と言って頂き、胸を撫で下ろしたのです・・・

今回は、いい勉強をさせて頂いたなぁと心から思いましたし、私を支えてくれたスタッフにも感謝しています。

でも、疲れました・・・・・

浜松で展示講習をしてしてきました!を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。