2008年03月

2008年03月31日

同時進行??

前回からの続きです・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

フル回転で進み出した私ですが、それには、父親の意向が強く働きました。

私がこの世界の事を何もわからない状態だった頃から、理容師であった父親は、『将来、理容と美容は区別が無くなってしまう!そうしたら、美容の中に理容が組み込まれてしまうだろう!』と言う持論を持っていました。

父親は、大阪のキタで働き、吉本の芸人の頭も触っていましたから、普通の理容師より、嗅覚も働き、先見の目もあったのでしょう・・

「お前は同時進行で両方の免許を取り、両方の勉強をしろ!!」

18歳の春に専門学校の理容科に入学し、その年の秋に美容科の通信科に入学しました。店も2つ掛け持ち、学校も2つ掛け持ちという、当時は私1人だった位の変り種の美容学校生となりました

同時に2つの教育を受けたため、理美容のバイリンガルのような思考回路になってしまい、一風変わった感覚を持った人間になっていったようです・・

でも20歳位の時には、美容師として物を考えるようになり、父親の言う通り、私の中で、理容は、美容師の私の一部として取り込まれて行ったのです・・

私の父親は、そうなる事を見込んでいたのか、「理容の勉強は、自分が教える事以外はしなくていい!!」と言い出し、「パンチパーマもアイパーも、お前はするな!そんな暇があったら、美容師としてもっと勉強する事があるはずや!!」

2年近くお世話になった、支店の美容室でしたが、大阪市内を撤退する事になり、私は親の店だけに絞る事になって、新たな歩みを始める事となるのです・・・

続きは次回に・・・

同時進行??を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします



一冊の本を見せられて・・・

前回からの続きです・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

体も心もボロボロな状態の18歳当時の私でしたが・・・

ある時、それを見透かしたように、父親が私の前に座り一冊の本を持って話し始めました。

そして、私にその本を見るように言いました。

『サッスーンカットのすべて』と書かれた技術書でした。その中には、私が今まで見たこともないようなヘアースタイルが掲載されていたのです。

「お前には、家庭の事情で大学に行かせてやる事が出来なかった・・・また家業を無理やり継がせる結果になってしまった・・・その代わり、お前には大学に行かせてやれなかった分、この業界の道で出来る限りの事をしてやりたいし、協力してやりたいと思っている・・俺が行きたくても行けなかった、ロンドンのサッスーンスクールへ行かせたいと思ってるんや・・・」

「サッスーン??」

「そうや!!カットの神様と言われている人の所や!!」

私はその本を食い入るように見ました。へ〜ぇ〜ぇ・・こんな世界があったんや・・

「それには、人の何倍も真剣に取り組まなあかん・・」

私は、嫌いな事ばかりではなく、その中に少し違う物を発見したような気になり、絶望から、針の先のような光がさして来たように思えたのです・・・

でも、まだ当時は今のように簡単に行ける訳ではなく、相当な決意がいった時代でした。でも、自分の父親がこんな人を崇拝していた事が以外でした・・・

1970年の万博時分に始めて、ミニシザーズと共に日本にサッスーン旋風が入ってきて、それまで、美容師はレザーでのみカットしていたところにハサミのカットが入ってきたのです。

レザーカットで結構適当に感覚的に切っていた美容師に、建築学的なカット理論を持ち込んだのがサッスーンです。ですがこれ、理容の技術を美容に持ち込んで融合させたのをご存知ない若い美容師の方が多いのです・・(最近、理容師を見下した美容師のブログを見るので・・また、この事は別の機会に・・)

話は逸れましたが、私は迷いがあった心に、ブレがなくなり、『できる所まで頑張ってみよう!』と決意したのです。

そして、父親の友人が美容室に店舗を貸しており、その人の紹介で、そこで勉強させて頂くことになったのです。

芦屋の先生が大阪市内に支店として出店しており、事情をお話して、自分の親の店を守りながら、週に何回かそこにも行かせて頂く事になりました。

私は、休みの日は講習、営業日は2つの店を掛け持ちして、フル回転で頑張り始めました。

そして2年近く、この支店の美容室にお世話になったのです・・・

続きは次回に・・・

一冊の本を見せられて・・・を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします



2008年03月28日

立ちすくんだあの日

前回からの続きです・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

なんとか接客業にも慣れては来ましたが、心のシコリは奥深く残ったままでした。

そんな時のある休日に店の前である女性とバッタリ会う事になったのです。

その彼女は幼稚園時代同じクラスで、それ以来会っていなかったのですが、中学3年生の時、塾で再会したのです。

幼稚園時代とは、うって変わって清楚で上品な女性に変わっていた彼女もまた府下では有名な進学高校に進んでいました。

そんな彼女と3年ぶりに、よりによって店の前でバッタリ会ってお互い立ち止まったのです・・・

中学時代以上にお嬢様に変身した彼女は、私が何処に進んだか気になっていたらしく、早速、質問して来たのです・・・

「本君・・何処の大学に決まったの?」

「・・・・・・」

私はすぐに答えられず、下を向いて、あまりのコンプレックスに張り裂けそうでした。

彼女は私の口から、何処の大学名が出てくるのか笑顔で待っているようでした・・

私は気を取り直して、ゆっくり・・・

「家業を継いだんよ・・・」

「えっ・・・・・・・」

私はゆっくり店を指差して、「ここだから・・・」と答えました。

彼女は最初驚いた様子で店を見上げましたが、一変に表情が変わり、愛想笑いをしながら、ゆっくり何度もうなずいてひと言、言いました。

「そう・・・・・」

私は反対に「どこに決まったの?」と尋ねると、

「神戸女学院・・」とひと言いうと歩き出したのです。

関西では三大女子大の一つに行った彼女をその場で見送った私は、何と言ったらいいのか・・彼女は一度も振り返る事もなく歩いている後姿に「もう用はない・・」と書いてあるようだったのです・・・

当時の私は、そこに穴を掘って入りたい位、惨めで、胸が痛みました・・

今考えると、笑ってしまう位、未熟なんですが、当時は吐く位のショックであったようです・・・

そして益々、心のシコリは、堅く堅くなって行きました・・・

続きは次回に・・・

立ちすくんだあの日を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします



2008年03月27日

3月末になると・・・

今日は思い出のお話です・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

3月末になると、思い出すつらい出来事です。

これは、あまり人に語った事もなく、今日始めて書きます・・・

私が18歳の3月末、実はこの業界に初めて入ったわけです・・私には、なりたい職業がありました。またその為に18歳まで歩んで来たわけですが、大学受験の時期に、母親が病気で倒れるという事態になってしまったのです。

現在、私は自分の職業に誇りを持っていますし、プライドさえあります。

ですが、18歳の少年であった当時の私は、耐えられない事だったんです・・

当時進学校に通っていた私は、突然の家族の不幸に悩んだ結果、卒業後、家業を継ぐという決心をしました。

私のクラスで、大学に進学しなかったのは、私1人という結果になりました。

でも、家族の為と使命を持って決断した事でしたが、自分の全ての夢を捨て、諦めるという事が心のどこかで割り切れなかった私は、悔しくて悔しくて・・・夜ベッドに入ると涙が出て止まりませんでした。

私は小学生の頃から、法律関係の仕事に憧れ、検察官か弁護士になるのが夢だったのです。

以前のブログにも書きましたが、私の両親は、小さな小さなサロンを経営しておりました。父親は理容師で、母親は美容をしており、ごった煮の食堂屋さんのような、今で言うユニセックスサロンのはしりでありました。

元々、人使いが上手くない父は、従業員が続かず、母が倒れた時は、両親2人で営業していたのです。

たちまち困った父でしたが、病床から無理しながらも母がサロンに出てなんとか営業していたのです。

いくら将来自分の夢が叶っても、そんな両親を犠牲にして、踏みつけて行く事がはたして自分にとってどうなんだろう?と自問自答し、自分の夢より、家族の幸せを考えなければならない・・・そう決心したのです

それまで、サロンになんか立った事もない私でしたので、慣れない接客業に戸惑うばかりでした。

でも、心の底では、この仕事が嫌で嫌で・・たまりませんでした・・

私には、普通の理美容学校に通う方のように、辞めるという選択肢は取れないわけですから、毎日、毎日、『どうしたら好きになれるのか?』ばかり考えていたのです・・

当時の私のコンプレックスは物凄く、高校時代の友人に会うのが嫌で嫌で・・有名大学に通う連中と会うのが惨めで、惨めで・・・極力会わないようにしていました。

そして、心労と慣れない接客業に疲れたのか、神経性の胃炎になり、熱を出して寝込んでしまったのです・・・

今考えると、人間が出来ていないお坊ちゃんだっただけなのですが、当時はやはり相当悩む事になったのです・・・

続きは次回に・・・

3月末になると・・・を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします





2008年03月24日

家族がショックで凍りついた日!

本日はプライベートな話です・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

家族が凍りついた??そう、我が家にとっては事件でした!!

うちの2歳児の息子、あっくんが、22日(土)に救急車で運ばれる事態になったのです

夕方まで、元気に遊んでいた息子でしたが、夕方にはしんどくなったのか、私の母にベビーカーに乗る要求をしたのです。

息子は乗せて貰い出かけて間もなく、私の母が息子を抱いて叫びながら、店に飛び込んで来たのです

息子が、目を開けたまま、意識不明の状態になっているではありませんか

店はその時、混んでいて客待ちの長椅子にも、お客様が座って待っておられたのですが、店内は騒然となり、私の母が、叫びながら息子の頬を叩き、ゆすっても、意識がなく、目を開けたまま、腕はだらりと下がり無反応なのです

その内、息子は嘔吐し始めました・・・

そこに居たお客様も私達家族も凍りつき、物凄く長く感じる位、立ちすくんでしまったのです。

客待ちにいたお客様が、古くからの馴染みの方で私の息子を抱くなり、

「私が抱いとくから、奥さん救急車呼んで!!」

と、私の母に言って下さるのですが、母親は気が動転し、私も119番を押そうとするのですが、FAXのボタンを押したりで、なかなか掛けられないんです!!

私も肝心な時に、気が動転していたようです!!

間もなく救急車が到着したのですが、息子はまだ、目は開いたまま意識はありません・・・

救急隊の方は、「今、連絡がとれまして、北野病院へ搬送します。」という言葉をのこして、母と一緒に病院へ・・・

近所のお店の方も騒然となり、店内でヘアーダイの後、ブローしていたお客様は、半分だけ仕上がったところだったのですが、

「おにいちゃん!!もういいから!家で乾かすわ!行ってあげて!」

「ありがとうございます」と言いつつ、私は嫁の店に電話・・北野病院へ直ぐ行くように指示しました。

先程、客待ちで待っておられたお客様が、

「おにいちゃん・・私は何時でもいいんやから、また明日でも来るわ」

「もう、今、嫁が病院へ向ってますから、私が行っても仕方ありませんから、Kさんどうぞこちらへ・・」

胸が張り裂ける程心配ですが、商売人のつらいところです・・・

「私はいいんよ・・行きはるんやったら行ったげて・・」

「いえ、何人も行っても一緒ですから・・」

私はそう言うとカットを始めましたが、滝のような汗が流れてきたのです

私も子を持つ親の端くれ、心配が膨らみ最悪まで考えて、精神的なものから汗が滝のように流れ出したと思います・・

なんとか、仕事を終えた頃、母親から電話が・・・

「あっくん、大丈夫や!!3時間程、点滴打ったら帰れるらしい!!」

母親の説明によると、息子はどうも熱があったらしく、家族が気づかないまま、40度を超えて、突発性のショック状態になり、軽いひきつけを起していたようなんです・・・

検査の結果は、他には異常が無く大丈夫との事・・

それを聞いた私は、安心からか、滝のような汗がピタリと止まり胸の痛みも消えていました・・・

口にこそ出しませんが、また、我が子への想いを痛感した事件を経験する事になってしまいました・・父親はツライです・・・

家族がショックで凍りついた日!を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


choei_moto at 01:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)この記事をクリップ!プライベート 

2008年03月20日

先生・・怒ってる?

先日、花粉症に悩まされ、くしゃみも止まらず、薬で体のだるさを我慢しながら東京の講習会場に着いた日の事・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

東京の講師が、会場に来て準備を始めました・・・

準備が終わって、雑談になり、1人の講師がニコニコ笑いながら・・

「先生・・最近怒ってますよね・・」

「えっ・・何に?」

「だってさ・・ブログで怒ってるじゃないですか・・」

「えっ〜・・気づいてたんだ〜ぁ!!」

何だかんだ言いながらも、私のブログは読んでいるようです・・・

「先生の言う事は、分かるけど・・・今の若い世代の美容師は、大体そうですよ・・」

そうこうする内に講習会が始まりました・・

雑談の流れで、講習会の冒頭で、講習生に尋ねてみました。

礼儀とか、常識とかについて、ブログで怒っている内容を聞いて見たんです・・

「僕の怒ってるのは変?」

場内はしぃ〜ん〜

うなずく人もいるし、同世代の人は笑ってるし、若い方は?みたいな顔してるし・・

「先生、無理だって・・!!」

と、アシスタントをしてくれている先程の講師がなだめて・・・

「うちに面接にくる若い美容師が、『この店では何年でスタイリストにしてくれるんですか?』って平気で聞いてきますよ・・」

「そんなん、自分次第と違うん??それに、『してくれる』っていう言い方は、なれなかったら店の責任だっていう事??」

思わず私が言うと、皆、大爆笑でした!!

やはり私が古いのか・・世間が変わったのかよくわかりません・・・

先生・・怒ってるを読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


choei_moto at 00:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)この記事をクリップ!長永先生の怒り 

2008年03月18日

最近、私が変わってきた事〜アップの作品

アップスタイル 1今日はアップスタイル作品のお話・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

この写真は昨年、業界誌に載せて頂いた私の作品です・・・

大変マニアックな作品ですが、モデルの彼女は大変喜んでくれました・・・

どうも以前、成人式で結って貰ったアップが悲惨だったそうで・・・

美容師の方が見れば分かりますが、難易度は相当高いです

以前の私(初めて業界誌の仕事をした頃)は、とにかく全ての難易度を上げた作品を作ろうとする傾向がありました。

分かり易く言うと、サイドバックトップ全てにウルトラCのような難しい上げ方をしてしまおうとする事です

鉄棒の演技で言えば、最初から最後までウルトラCばかりを詰め込んだような演技といいましょうか・・・

アップスタイルでもそうしてしまうと、作品としてのストーリー性が無くなくって、ばらばらな印象になってしまうんです・・・

写真の作品は、熟練者ではない方にとっては全て難しいですが、私の中では、見せ場を難易度10とすると、他はとかとかワザと下げてあるんです。

私自身それを『どこをどれ位抜こう・・』と表現します。

『抜く』と言うと手抜きみたいに思うかもしれませんが、そうではなく力配分を考えるという事です・・

それによって、バラバラな印象からリズムが出てくるような気がします。

この作品から、私自身が相当変わったと認識する何かがあったのです・・・

でも『力を抜く』という事が少し分かるのに10年は掛かったような気がします・・

その事が強く分かるキッカケがこの作品なんです・・と、言う事はつい最近??

そうなんです!!まだまだ未熟なんですね〜ぇ〜ぇ

だからまた、進もうとするんでしょうけど・・・

最近、私が変わってきた事〜アップの作品を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


2008年03月16日

一枠増えました!!

長い間、真面目な話が続き、つまらなかったと思います・・・

私のひとり言ですから、これからも時々あると思いますが・・・結構、些細な事で傷つき易い私です・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

今日は業界誌のお話・・・

先日、美容総合出版河本社長から電話が・・・

「本さん、例の『ヘアと帯結び09』の仕事の事なんだけど・・」

河本社長の話によると私のヘアーに対する着付けの先生は、去年と同じと言うわけにはいかないそうで、色々考えた末、『私と長永会講師』『長永会講師と私の嫁』二枠頂く事になったのです!!

「ありがとうございます!!」

毎年、全国の美容師から約50人選ばれて、ヘアーと着付けを担当し、カタログに掲載されるのですが、昨年、掲載されて喜んでいたら、今年は、私を含めて、長永会から4人、掲載される事になったのです

美容界では、誰でも知っている著名な美容家が並ぶ中、2枠、計4人も長永会から選出されたのは、飛び上がる程嬉しい事でした

昨年の私と嫁の仕事の評判と仕事に対する姿勢を買って頂いたようで、努力が報われたようです。

私が指名した講師も、喜びもつかの間、「先生、本当に私でいいんですか?」と不安そう・・・

「6月16日の撮影まで、十分時間はあるから、死ぬ程練習せなあかんねぇ〜(笑)」

「はい、先生に恥をかかせる訳にはいきませんから・・長永会として恥じない仕事をしないと・・・」

真剣な声で答えてました・・(いつも、それ位真剣にやって下さい!!

やはり、高いハードルを越える努力をしてクリアすると、こんな風にまた高いハードルを与えられる事に幸せを感じるのです・・・

何故って、私はそのハードルさえ、なかなか与えてもらえない辛さを身に沁みて知っているからです・・・

一枠増えました!!を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします




2008年03月14日

ちょっと考えて欲しい

前回からの続きです・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

前回、美容研究会について書きました。

そして今日、長い間書けなかった事を、ついに書くのですが、当会に掛かってくるお問い合わせの電話の事なんです・・・

以前のブログにも書きましたが、お問い合わせの電話は、色々な事があろうかと思い、全て私が出ています。

その3割位が、本人が知ってか知らずか大変失礼な電話なんです。

長永会は、私とは別に独立しているのではなく、長永会=私なんですが、一種のカルチャーセンターの類と勘違いしたような美容師の方がいるという事です。

電話に出ているのが私と分かっても、業者に話すような見下した態度を変える事がない方ふざけたようなチャラけた態度で話し、内容もひどい場合など、常識では考えられない美容師の方がいるという事です

これは、人に物を頼むのに、机に腰を掛けて腕を組んで言っているのと同じではないでしょうか?

私はアップを教える業者ではありません

意欲的な美容師の方に、前回のブログでも書きましたように門戸を開放しているだけです。

美容研究会に対する認識がない美容師の方が増えたと言ってしまえばそれまでですが、私には?です。

以前のブログで私が何に対して怒っているのか分からない方がおられるようですが、何の目的でアップを習いたいか(アップ専門、ヘアーメイク等)は別にして、その様な態度で電話を掛けて来て、『一生懸命やろうと思っている』と思え!と言われても無理というものです・・・

電話を掛けてきた方が傷ついているのではなく、私がその電話で最初に大変傷つけられているという事を分かって欲しいですね・・・

美容師に限らず、成功している方はやはり、礼儀、礼節をきちんとわきまえています。

礼儀、礼節のない方が自分の希望だけを押し付けてきて、それを他人の方が真剣に取り合ってくれるのでしょうか?

以前のブログ考えの甘い美容師と書いたのはその為です。

プロの世界は大変厳しいものです。美容界のどの分野に行こうが、一生懸命やろうと思っているだけで、何とかなる世界ではありません

そう思って、どれだけ本当に真剣に取り組むかです。

その一番の最初の扉が上記の電話になるのでは?

私の会は、本当にやる気があると私が感じた方にのみ、いつでも開放されているんです。

ちょっと考えて欲しいを読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします





2008年03月11日

美容研究会って何?

前回からの続きです。

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

今まであまり書く事がなかった、長永会のエピソードでしたが、連続して書かせて貰いました。これからもボチボチ書いて行こうと思います。

さて、時代が流れて現在沢山の美容室がひしめく中、美容師の方も様々な方が居られれるようになりました。

以前の美容師であれば常識であった事が、現在の方は知らない事も多数あり、それが非常識を生み出している場合もあるのです・・

真面目な話でつまらないかも分かりませんが読んで頂ければ・・・

色々な話を書かせて頂いた長永会ですが、これは、美容師の方が集う美容研究会の一つです。

この美容研究会の意味を、今の美容師で、分かっていない方が多いんです・・・

美容研究会は、それこそ全国に存在します。

ある種の仕事に長けた美容師の先生が、自分の一門以外の美容師に門戸を開放して、勉強会を行っておられるのが、この美容研究会です。

そもそも美容研究会は、ある美容技術に卓越した先生が、自分の店のスタッフだけというケチな領分ではなく、損得抜きに美容界発展の為、一門以外の意欲的な美容師の方にも技術を教え広くその技術を継承して行く事を願って始めたものです。

そして、美容師の経営者やそれに準ずる方を現在、『先生』と呼ぶのは、一門の方や勉強会の方師匠に対して敬う意味で『先生』と呼ぶようになった名残なんです・・

つまり美容研究会は、美容師であるプロがプロに教える会であり、プロが集まって勉強する会であるわけです。

そしてそこで支払われる講習費は、その勉強会の維持費と流派を超えて、時間を潰して教えてくれた師匠に対して何がしかの気持ちを表す為に支払う意味を持っているのです・・

師匠=会長によっては、その美容研究会での実績によって、子飼いの一門に準ずる位を与える方、または完全に一門として扱ってくれる方も居られます。

現在の事業家ナイズされた経営者の下で働く事が多い美容師の方には、理解し辛い、徒弟制度の名残で、落語家に似た一面を持っています。

素人の方には特に、大変分かり難い世界なんですが、プロの世界とはそういう物なんです。

そんな今の美容師の方も知らない方が多い中、ちょっと考えて欲しい事を次回に、気分を悪くした事も含めて述べたいと思います・・

美容研究会って何?を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします




Profile
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。