2008年07月

2008年07月31日

逆毛について考える〜その4

逆毛について大分、語ったんですが本当はまだまだ、色々あるんですが・・・

逆毛って、上手い下手は別にして適当にやっても立つんですよ・・⇒ヘアーランキング

それで、出来る!と勘違いする場合が多いんです・・

30年以上前、美容室では、先生が見習いの子に「逆毛立てといて!!」とセット椅子に座って待っているお客様に、逆毛だけを立てさせて、後からセットして廻るなんて時代があったんです

なんせその当時は、セットしないで帰るお客様なんてなかったんですから・・

でも美容室にお客様が溢れていた時代ですから、当然、やっつけ仕事になる訳です・・

街中の巷のサロンではクオリティより早さと量を求められる訳で、とにかく逆毛が立っていれば、先生は仕事が出来たんです・・

デザインに沿って逆毛ではなく、とにかく逆毛、何でも逆毛というやつです。

ですからその当時、街中のサロンで見習いを経験されている方は、一種独特の逆毛の立て方をされます・・良い悪いは別にして綿菓子のように逆毛をこれでもか!という位、立てるんです・・・

私から言わせると、やたらめったら立てた逆毛なんです

後は表面の毛で包み込むだけです

毛たぼも掴んでそのまま入れてピンで留め押し込んで、表面の毛で覆うというやり方ですそして表面を手で押さえながらフォルムを作っていくんです・・・

これはセットが主だった時代に現場が生んだ捌き方で、慣れると短時間で、そこそこのクオリティのスタイルが出来るんですが、丸くなり易いのでラインはでません

現在、知ってか知らずか逆毛と言うと、この時のこの手法が正当なやり方だと勘違いした美容師の方が多いんです。

裏ワザ的要素の多いやり方なんですが、初心者でも見よう見まねで出来てしまい、そこそこの形にはなってしまうため、1人歩きしだしたように思います・・

逆毛の技術としては、最も傷むやり方ですし、アップスタイルとしても最も持ちが悪いやり方ですね・・・

逆毛は、上から押し込んで立てると立つんですが、以外に根元に入らないばかりか、荒い逆毛になり、とれやすく、毛が戻ろうとするので、また上から押し込むという行為を繰り返し、逆毛の立て過ぎになっていくんです。

私の場合、毛の根元から2〜3僂旅發気泙しか立てませんし、ボリュームがいる場合でも5というところでしょうか・・・

多くの美容師さんの場合、やたらめったら立て過ぎか、殆ど入ってないかのどちらかです・・・

逆毛はコームで毛をこするように押し込んで立てては絶対ダメです

押し込むのではなく、コームを持った腕を振るんです

電話帳のページを1枚1枚めくるイメージでコームを振るんです

次回にもう少し解説します・・・

逆毛について考える〜その4を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在やっと16位まで回復しました!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


2008年07月29日

逆毛について考える〜その3

今日も逆毛の続きの話です・・・

実際、逆毛の技術は見て頂くのが一番というか、『百聞は一見にしかず』なんですが・・・⇒ヘアーランキング

さて、殆どの美容師さんが、最も傷む逆毛の立て方をしていると前回書きました。

文章だけでは分かり辛いんですが・・・

逆毛と言いますと、パネルに対してコームを歯の根元まで突っ込んで上から押し付けるように立てている方が殆どです

しかも、コームを強く握り、コームの歯の根元を毛に強く押し当てて下に向ってこする様に毛の根元に押し付けて行くんです

更に悪い事に、毛にハードスプレーをぶっかけてゴリゴリやるもんだから、毛は、たまったもんではありません

キューティクルは剥がれ落ち、しかも痛いです

こんな逆毛を立てられた方は、二度と逆毛は御免!!となり逆毛を憎むようになります・・・

技術その物が滅茶苦茶なんですが、美容師もそれを知る人は少ないです・・・

ましてや、それで「逆毛は・・・」なんて語られたんでは、逆毛の技術が泣くというもんです

逆毛の技術はそんな奥の浅いもんではないんです

先日させて頂いた美容総合出版『ヘアーと帯結び』の仕事で担当の横山さんがいつも、「先生の作品の秘密は逆毛ですもんね〜ぇあれは技術解説には載せられないから・・・」と製作中の私の技術を見て言うんです・・

私のアシスタントの方が全然分かってないんですけどね!(笑)

モデルさんも大概、私が逆毛をすると、驚いた表情をします・・・

「先生の逆毛は今までに味わった事のない感触で、おもいっきりコームを上下しているのに痛くないし、コームの当たる感触がウチワで叩かれているような感じですね・・だけど板状にしっかり入っているのが分かります!!」

と目を丸くします

そして、特別な場合を除いて私の逆毛は毛の根元から2〜3僂旅發までしか入れません

つまり、無駄な逆毛は入れないんです

ですから毛の傷みも物凄く違ってきます・・・

次回、私の逆毛の秘密を少しだけ書きます・・少しだけね!

逆毛について考える〜その3を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在19位まで回復しました!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


2008年07月27日

逆毛について考える〜その2

逆毛についてボチボチ話します・・・

逆毛は文字どうり、コームを逆向きに入れて髪の毛をセットし易いように形成する事です。⇒ヘアーランキング

技術的には、髪の毛を真上に梳き上げた状態を織物の縦糸とすると、逆毛は横糸を入れる作業なんです

逆毛には本来、3つの目的があり、そのそれぞれに立て方があります。

➀ボリュームを出す

➁面を繋げる

➂方向性を出す


そのそれぞれのパネルでの立てる所及び立て方が違うんです

通常、逆毛はパネルに対して平行に振るんですが、パネルに対してコームを持った腕ごと回転させて立てる方法があります。

これをローリングバックコームと呼びパネルの表面に逆毛を出したくない時に使います

逆毛の基本的な触りだけでも、ざっと、これだけの項目があります・・・

そこに複雑に技術が絡んできますので逆毛と一口に言っても大変奥の深い技術なんです

アップスタイルの面を陶器のように綺麗に完璧に仕上げる秘密は、この逆毛が50%以上を占めます

意外でしょう

表面を一生懸命コームで梳くよりも、大半は逆毛で決まってしまうと言う事なんです

私の会(長永会)で、まったく出来ない美容師の方に私が、「逆毛上手くなったね〜ぇと言うまで大体最低3年は掛かります

実際、お客様やモデルで私が認める位、綺麗な逆毛を立てられるのに8〜10年と言ったところでしょうか・・・・・

「じゃあ、逆毛は傷むの?傷まないの?」

と、言う質問ですが、答えは、

「傷まないと言ったら嘘になりますが、皆さんが考える程酷くはない。」

ヘアーダイでもパーマでも傷んでいるんです。それと同じという事です。

逆毛の傷みには幅があります。

技術の上手い下手で傷み方が物凄く違ってくるんです

そして殆どの美容師の方が最も傷む逆毛の立て方をしているという事を知って欲しいですね・・・・・

その事も含めて続きは次回に・・・

逆毛について考える〜その2を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在19位まで回復しました!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします




2008年07月26日

逆毛について考える〜その1

最近、講習会でもこの逆毛について特に質問を受けますので逆毛の話を少し・・・

以前もこの逆毛については書きました・・・⇒ヘアーランキング

「傷むんですよね・・・」

とにかく、傷む・傷む・傷むのオンパレードです

逆毛は、パーマで言えば、パーマ液にあたる物です。

逆毛無くしてアップスタイルは、ありえません

現在、アップスタイルは美容室で頻繁に行われる技術ではなくなって特殊技術になってしまいました・・

それに伴い、逆毛の知識や技術を持った美容師が、激減し、見よう見真似で行っているのが現状です。

それならまだマシで、技術が出来ないのに、よく知らないのに、それを隠すため、

「あれは傷むんですよ・・ですからうちでは逆毛は立てません!それに今時、逆毛を立てる美容師は、担当を替えるか、文句を言った方がいいですよ!」

なんて平気で言います。

パーマだって傷みが少なくなっただけで、傷みますし、ヘアーダイはもっと傷みますブリーチは傷まないんですか

ブリーチ毛は綺麗なので、一見傷んだ印象はないんですが、逆毛は、素人の方が見ても、毛がぐちゃぐちゃとなって固まった印象を受け見た目も悪い為、「傷んでる!!」となるのでしょう・・・

本当に上手な美容師が逆毛を立てるとパネルが布のようになって、汚い印象は微塵もありません!

ですがそんな逆毛を立てられる美容師は現在、100人に1人いるか、いないかでしょうか・・・・

もう少し逆毛について次回に語りたいので、興味のある美容師さんは読んで下さい・・

続きは次回に・・・

逆毛について考える〜その1を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします




2008年07月25日

こぶとり爺さん

こぶとり爺さんの話って皆さん知ってますよね・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

そう、頬にこぶのあるお爺さんが、踊りが上手くて、ある日、山で鬼の集団に遭遇・・・そこで踊りを踊ったら余りの上手さに大うけして鬼が「また来い!」と言い「それまで、こぶを預かる!」と言って、頬のこぶを取ってしまったお話・・・

最近、細胞分裂してどんどん大きくなる嫁・・・

水着を着るのも2人がかりなのは前回のブログで書きましたが・・・

「なあ、こぶとり爺さんの話知ってるやろ?」と私・・

「ああ、知ってるけど・・」

「そのお腹な・・ある意味、見ようによっては大きなこぶや思うねん・・」

「それで・・・

「山行ってな・・鬼の集団見つけて踊り踊ったら、そのこぶ取ってくれるんとちゃうか?」

「あのな・・私も取って欲しいねん!!そない言うんやったら鬼の居場所教えて頂戴!!教えてくれたらいつでも行きます!!どこなん

「桃太郎が鬼退治したんが岡山県やから、岡山の山の中うろうろしたらおるんちゃうか?」

と最後は言い合いに・・(笑)

そんな話を今日、朝一番のお客様と談笑・・・

「奥さん偉いわ!旦那さんのそんな言葉にそんな切り反し出来るんやから・・」

「そうですか?・・・・」

「せやけど、私も教えて欲しいわ!!鬼のいる所・・奥さんに付いて行きたい!!」(笑)

「せやけど、踊りが上手くないと鬼がおってもだめですよ・・まず踊りの練習せんと・・下手やったら預かってたこぶ返されて倍の大きさになりますからね・・」(笑)

「ほな私あかんわ!踊り下手やから倍の大きさになって帰ってくるわ!!」(笑)

だれか鬼が酒盛りしている所、知りませんかね?(笑)・・・

こぶとり爺さんを読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

どうかクリックしてやって下さい♪

現在順位が落ちてます!お願いします!!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします





choei_moto at 02:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)この記事をクリップ!プライベート 

2008年07月24日

小悪魔agehaという雑誌

この小悪魔agehaという雑誌を知ったのは2年程前だったでしょうか・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

最近になってテレビでもアゲ嬢などと言って取り上げられ、一つのトレンドやファッションとして紹介される事が増えてきました。

私が初めて見た時は、キャバ嬢の専門雑誌という触れ込みでしたが、今ではそいうファッションの同好会的な雑誌に変貌しているように思います。

私はアップスタイルのトレンドを探る上で、好き嫌いは別にして講習会でこの雑誌を見る事を1年程前から勧めています。

非常に極端な表現のスタイルとはいえ、美容師として、腕が立つ人でないと作れないヘアーが多いと思うんです。

批判するのは簡単ですが、その批判する美容師の方が、「じゃあ、それでも作れ!」と言われて作れるかと言えば作れる方は少ないと思うんです。

『上品』とか『かわいい』は誰でも言いますが、お水系特有のあの匂いは、なかなか出せませんよ・・・

それに、以外と美形の女の子が多いんですよ

もともと、あのモリモリヘアーは関西で特に流行していたんですけどね・・・

技術的には、逆毛なんかも相当、荒っぽいですし、フォルムも下品を通り超している部分もあるんですが、表現という意味では、私は大変興味があります

私はこのアゲ嬢の雑誌、若い美容師さんよりむしろ頭の固くなった中年以降の美容師の方に見て欲しいですね・・・

小悪魔agehaという雑誌を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

どうかクリックしてやって下さい♪

現在順位が落ちてます!お願いします!!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします





2008年07月22日

何十年ぶり?

プール今日は、20歳以降一度も泳ぎに行った記憶がない私がプールへ行ったお話・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

今日は珍しく丸1日空いたので、家族皆で近所のプールへ行く事になりました。

私が泳ぎに行ったのが20歳の時以来、そして今日行ったプールは小学生以来という大変懐かしいプールに行って来たのです!!

大体、おっさんになった今、泳ぎになんか行きますか

しかも嫁とですよ!!!!

今日は今月15日にプールデビューした息子と行く為に(キッパリ!)行ったんです!

日頃はおばあちゃん(私の母親)と毎日皆勤賞なんですが、今日は家族皆で行くとあって2歳児でも分かるのか、「みんな、一緒!一緒!」と言って、はしゃぎまくり!!

さて行くとなったら、海パンがない

そうなんです!20歳以来ですから買ってないんですよ・・家中のタンスを引っ掻き回して、はいてなかったマッサラなトランクス型の海パンを発見!!

はいてみると、なんとか入る事を確認!

「お前はどうするねん?」と嫁に聞くと、

「私は着て行きますよ・・近いねんから・・」とキッパリ!

「水着あんの?」

「ありますよ」(憮然)

トイレに行って戻ってみると部屋から

「う〜〜〜〜〜〜っ〜〜ん」と言う奇怪な声

覗いてみると、なんと!!

嫁が水着と格闘中・・・

いつの間に買ったのか、白と黒の豹柄っぽいワンピースの水着が上になかなか上がらない・・・象さんのような体が邪魔をして上がらないんです1人では着れない・・・

ある意味、スピード社レーザーレーサーか??(笑)

見てはいけない物(笑)を見た私はどうしたら・・・しかも汗だく・・

「ちょっと!!上げてくれると嫁・・

「こんなん、上がるんか??」と私・・

「上がるわ!!!」

「せやけど、なんかビチッと音したで

上がるには上がったんですが・・・

(これはどう見ても妊婦水泳やろ・・・)

なんとか奮闘した挙句、無事プールに到着。

そして喜んだ息子をパチリと撮りました。

夫婦共同業者で休日も講習で飛び回っているため、家族で行くプールは今夏は後何回いけるのか?

可哀想ですが後1〜2回が関の山ですね・・・

でも、その年のいい思い出(憶えてないでしょうが・・・)作れればいいかな・・

何十年ぶり?を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

どうかクリックしてやって下さい♪

現在順位が落ちてます!お願いします!!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします








choei_moto at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!プライベート 

2008年07月20日

バックシャンプーではない??

普通、サロンでシャンプーというと後に寝て、つまりはバックシャンプーが当たり前なんですが・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

現在、美容室、理容室共、シャンプーと言いますとバックシャンプーが普通だと思います。

2〜30年前まで、シャンプーは美容室がバックシャンプー、理容室はフロントシャンプー(前かがみで洗う)が普通でした。

美容室の場合は、以前は男性なんか来ませんから、女性がシャンプーする時、化粧が落ちないようにどうしてもバックシャンプーでなければだめだったんですね・・

男性は、お腹を見せて尚且つ顔の上にタオルで目隠しされるなんて生理的に当時は受付けられなかったんです・・

理容室にバックシャンプーが普及し始めた時、年配のお客様からはクレームが多く、

「こんな女みたいなやり方は止めてくれ!前で洗わないと洗った気がしない!」

と、せっかくバックシャンプーを導入しても、バックシャンプー用のシャンプーボールで、前かがみで洗う事がまだまだ多かったようです。

現在、若い理容師の中にはフロントシャンプーが出来ない人もいるとか・・・

そして美容師はもちろん出来ませんが、若い理容師の方は、もうできないであろうシャンプー技術が理容室にはあったんです!!

それが、スタンドシャンプーです

私は子供の頃、父親がお客様にしているのをよく見ていました・・

それは、セットイスにお客様が座った状態でシャンプーをするんです!

泡が立ってきたらその泡を下に落とす事なくお客様の頭上で維持するんです・・ショートならまだ分かりますが、当時ロングの男性でもこれをやってました・・どんどん泡は大きくなりますが、常に頭上で風船のように維持されるんです

これは相当な技術力が要ります

私は専門学校時代これを習いましたが、店ではお客様の顔全面にシャンプーが滝の如く流れてよく怒られました(笑)スイマセン

父親のように極めないまま終ってしまいまして、スタンドシャンプーは20年近くやっていません・・・

私にとっては曲芸みたいな技術でしたが、して貰うと気持ちよかった記憶があります・・

達人になると女性のロングでも泡一つこぼさずシャンプーをされる方がいましたね〜ぇ脱帽です

シャンプーって奥が深いな〜あと思いますね〜ぇ

バックシャンプーではない?を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

どうかクリックしてやって下さい♪

現在順位が落ちてます!お願いします!!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


2008年07月19日

スイカの思い出

今日はスイカのお話・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

お客様とスイカの話に・・・

「昔みたいに食べた時、甘味と一緒に何とも言えないスイカの匂いがするスイカってなくなったわ・・・それに水臭いし・・・」

「今は、早く赤くする為にスイカに注射するらしいですよ・・」

出荷を早めて生産性を上げる為に、早く熟す薬品を使うみたいです・・もちろん味は落ちますよね

ですから、スイカは間違いなく私の子供の頃の方が美味しかったんです

私の子供の頃はスイカを食べる時は、ザクザクと切って塩をふり、持ってきたお盆に種をバ〜ァ〜ッと吐き出して豪快に食べたもんです

子供の時、不思議だったのは何故かをふる事です・・・

これは科学的な根拠があって、スイカの甘味をより多く感じさせる為に反対の刺激を舌に与える事でその効果を増す原理を利用したものだったんですが・・

これは少しの塩でいいんです本当は・・・

ですが、私の祖父なんか特にスイカが白くなる位、塩をかけてましたね〜ぇ

孫の私のスイカにも、もう雪のように(笑)かけてくれました

子供の私には、しょっぱいだけの味で甘味なんかありません

今の若い20代の方はスイカに塩をかけるなんて知らないのでは??

今でも70代以上の方は、塩をかける人が多いように思います。

今では、めったに塩なんてかけてスイカを食べませんが、たま〜ぁに塩をかけて食べると懐かしい味がして、幼い頃の思い出夏の記憶が蘇ってノスタルジーに浸る事ができますね〜ぇ

そして、雪のように塩をかけていた祖父の事を思い出し、いっしょにお盆の準備をした事を思い出すんです・・・

私も息子が、もう少し大きくなったら、そんな話をしながら、肩を並べて豪快にスイカに塩をふって種をお盆に吐き出して食べてみようと思っています。

スイカの思い出を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

どうかクリックしてやって下さい♪

現在何位でしょう?


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


2008年07月17日

北海道から!!

今日は展示講習のお話・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

先だって、突然、北海道美容講師会からお電話頂きました。

なんと!!私に北海道「アップスタイルのティーチインセミナーをお願いしたい」との事・・・

ビックリ!!です!!

今回は美容講師会という非常に権威ある組織からの依頼だけに大変な名誉なんです

何でまた私に・・・

お伺いすると、いつも東京から先生を招かれるそうですが、ネットで講師会会長が検索されておられたら、私のホームページにぶち当たり、白羽の矢を立てて頂いたそうです。

そして今日も副会長の石川先生よりお電話を頂き、モデル3人で、展示1人、実技2人という事も決定し、場所も京王プラザホテル札幌という凄い場所で10月14日にという段取りで決定した次第です。

一応、嫁が助手で付いて行く事になりました。今回、嫁は着付けも何もしなくてよく、本当に助手だけなので気楽なもんです・・

もうすでに、両手の二本指を交互に突き上げて「カ〜ニ!!カ〜ニ!!」と言っている始末です(笑)

私はそれどころではありません

夫婦共に北海道は初めてなんですが、まさか仕事で呼んで頂けるとは思ってもみず、嫁さんはウキウキなんです

お伺いすると、3人共、プロのモデルを用意されるとかで意気込みがヒシヒシと伝わって来て生半可な期待度ではない感じなんです・・

(ドン引きしたらどうしよう・・失敗は許されへんぞ!!)

妙なプレッシャーが掛かって今から胃が痛いです・・

横で嫁は「ほっか〜いどう♪ ほっか〜いどう♪」と踊っております

どうなるんでしょうね〜ぇ・・・10月なんて直ぐですもん!!

ほんとに、この1年が早いわ〜ぁという感じです。

北海道から!!を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

どうかクリックしてやって下さい♪

現在何位でしょう?


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


Profile
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。