2009年06月

2009年06月01日

ひまわり

ひまわり今日は映画の話を少し・・・

以前のブログに私が学生時代、映画研究部部長であった事は書いたんですが・・・⇒ヘアーランキング

でも最近の映画であまり印象に残る物ってないし、また映像ばかり複雑になって中身がないのが多いんです・・・

これから時々、マニアックな古い映画を紹介しようかと・・・(笑)

さて、写真にある、『ひまわり』という映画です

学生時代に大変印象に残った恋愛映画の1つです。

でも印象に残ったのは、そのストーリーよりも「何と大げさな恋愛映画やな〜ぁという感じで・・・

まるで、舞台演劇を見ているような画面設定であり役者の演技なんですよ・・・

ですが、見て1か月程経つともう一回見てみたいと思う不思議な濃〜い映画です

1970年制作で、主演は、あの、ソフィア・ローレンマルチェロ・マストロヤンニ、そして、ロシアの大女優、リュドミラ・サベーリエワなんですが・・・

そして音楽は、あの、ヘンリー・マンシーニなんですよ

映画の冒頭からロシアの大地に広がるひまわり畑の映像が画面一杯に映し出され、そこに、あの有名なヘンリー・マンシーニ作曲の『ひまわり』の物悲しいテーマ音楽が鳴り響く訳です・・・

そして、このひまわり畑が最後まで意味を持ってくるんですが・・・

今、若い方がこの映画を見て感動は薄いかも知れません・・やはり現代の風潮映画の中で悩んでいるテーマが、ずれているからなんですが・・・

アラフォー世代以上の方には、感涙の滴が落ちるのでは

ただ、男性の立場から言わせて頂くと、主演のソフィア・ローレンを食ってしまっているくらい、清楚な美貌のリュドミラ・サベーリエワに心が傾き、その彼女を選んだマルチェロ・マストロヤンニの気持ちは大いに理解できます(スイマセン!)

イタリアからロシアまで、戦争で行方不明の夫を捜し、探しあてた所には、美しい妻とかわいい娘が待つ幸せそうな家庭を持つ夫が・・・

ソフィア・ローレンを見るなり、全てを悟ったリュドミラ・サベーリエワの美しい涙・・・

夫のかわいい娘を見たソフィア・ローレンが、自分が引く事を決意し、夫との再会にも冷たい態度をとり気丈な女を演じて夫を振り切るも、列車に乗るなり、泣き崩れるシーンは胸を打つものが・・・

そして、1度だけロシアからイタリアに会いに来た夫を最後のラストシーンで見送るソフィア・ローレンの涙・・もうこれで一生会えない夫との最後の別れ・・・

最後の最後まで気丈にふるまうソフィア・ローレンが、夫の顔が見えなくなり、広大なひまわり畑へ向かう列車を涙で見送り、そして泣き崩れるラスト・・・

本当に切ない、名作中の名作です・・・

特にリュドミラ・サベーリエワの儚いような美しさを是非見て頂きたいですね

現在は68歳ですけど・・・

ひまわりを読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在6位を維持しています!変わらぬご支援お願い致します!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします

現在ヘアケア部門12位です!


私の会(長永会)のサイトです!アップスタイルの講習会に興味のある方はどうぞ!!⇒@Moto with 長永会

人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします




choei_moto at 01:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)この記事をクリップ!趣味 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。