2007年05月28日

素直な心

長年、講習会をしていると、色々な美容師に出会います。

私は教える立場ですから、芸人の如く壇上から美容師を拝見する事になります。

毎年、新規の受講生を迎えるのですが、年齢は様々とは言え、必ず1〜2人、私から最も遠い席に座り、見るともなく、聞くともなく、「今から説明しますから集まって下さい!」と言いましても、1人だけポツンと離れて遠くからチラッと見るだけで立っている人が必ずいます。

本人は分からないと思っているでしょうが、こちらは全てを見渡していますから、目立つのです。

(なんなんだろう?お金も払って習いに来てるのに何が気に入らないのだろう?)

今度はこちらが気になってくるのです。

「分かりますか?」と問いかけますと、「ハイ」と目をそむけて返事をもらうだけ・・・

ヘアーの方は私が言ったとうりにはなってないのです。講習が終わると、殆どの方はあいさつをして帰られますが、そのあいさつをしている方を縫うように出口に向かい、私を見る事もなく帰って行かれるのです。

出来上がったスタイルは見習いの受講生よりもできが悪い場合が殆どです。

30代真ん中から40代の女性に多いのですが、超有名でもなく、3流の芸人のような私が気に入らないのでしょう

でも私の講習はその漫談をしている時が最も重要な事を言っている場合が多いのですが、そんな方は下を向いたまま聞いてはくれません

(僕が悪いのか・・・・)と真剣に悩みます。まだまだ私は未熟です。

技術を習うのに、教える人の肩書きや、有名度、雰囲気で態度を変える人がいますが、大きな間違いです。そういう事に関係なく、『素直な心』で言うとうりにやってみようとしないと絶対上手くなりません。

こういう方は目で見て分かる事と実際やって出来る事の違いが分からない方が殆どです。

簡単に見える事が実は一番難しいのです。

ブログランキング

←ブログランキングに参加してます。クリックお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。