2007年08月25日

熱中症

今年は、熱中症で死ぬ人が最も多かったらしい・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!


私が学生の頃、『熱中症』なんて言葉はなかったのです。

あったかも知れないけれど聞いた事はありませんでした。保健体育で習うのは、『日射病』と『熱射病』でした。

どちらも、木陰で休ます事は憶えていますが、どちらかが頭を低くしなければならなかった筈ですが、憶えていません

私達は学生時代、「水を飲んだらあかん!急に飲んだら、お腹が痛くなる!」といって、夏のクラブ活動中でも、水を飲ませて貰えませんでした。

今、考えると、よくどうもならなかったなあと思います。

炎天下の中、走ってましたもの。水も飲まず。鬼や

でも、暑いといっても33℃位しか今考えるとならんかったように思います・・

今は40℃ですもん そら、死にますわ・・

子供の時でも「水ばっかり飲んだらあかん!オシッコばっかりするから!」と水、取り上げられましたもん

今は反対に、合間、合間に水を取る事を指導されますから、昔のスポーツ理論って、ええ加減やったんやなあと思います・・

昔は、ペットボトルもなく、コンビニもなく、ましてや、今みたいに、スポーツドリンクミネラルウォーターも売ってなかったんですから・・

そういえば、学校の錆の味がする水道の水を、蛇口を上にして飲んでたな〜ぁ

今は夏場、オゾン層の破壊で昔のように、直射日光には当たらない方がいいみたいです・・

熱中症を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか、どうか〜ぁ、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

ここをポチッとクリックしてやって下さい!このブログを応援して!

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします




choei_moto at 02:25│Comments(4)TrackBack(0)この記事をクリップ!話題の出来事 | 思い出

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 陽子   2007年08月25日 13:59
5 こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。
13年理容師をしてきて、今はネイルサロン担当になっております。
ですが、トータルサロンオープン準備の為に、そろそろ鋏とコームの復帰を!と思い、猛練習中です。
なので、以前の記事に書かれてた11月の講習会に参加させて頂きたいのですが、道具屋さんに聞いたら分かりますか?
長々と失礼致しました…。
2. Posted by 陽子   2007年08月25日 14:01
5 私のブログです。
お時間あれば、講習会の事等をお教え下さい。
3. Posted by 陽子   2007年08月25日 14:02
私のブログです。
お時間あれば、講習会の事等をお教え下さい。
4. Posted by 長永   2007年08月25日 23:22
コメントありがとうございます。また私のブログに興味を持って頂き、うれしいです。11月5日の講演会はNPO法人グロウイングアップが主催しますので、一般の道具屋さんは関係ないんです。講習会というより、アップスタイルの技術展示&講演会になります。カットではなく、アップですので参考になるかどうか・・興味がおありでしたら、またお知らせ致します。ブログ拝見致しました。ネイリストとして素晴らしい技術をお持ちですね!また、気軽にコメント頂ければと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。