2007年09月01日

朝青龍のこと

いつも、電動カートで来て頂く、Hさん。

この方は通販が好きで、衝動買いをしては、私に面白い話を聞かせて頂く年配(まあ、うちは年配が多いですけど・・)のお客様です。

この前はグレープフルーツの実を房ごとにバラバラに綺麗に切り取る機械を買ったら、実がグシャグシャになるだけで終わったという話でさんざん笑わして頂きました。

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

このHさん、今日は来るなり、

「おにいちゃん、最近テレビ、どこ回しても、朝青龍やね〜ぇ・・

とつぶやき、「おにいちゃん、どう思う?」と振ってこられました。

「う〜ん難しいですね〜ぇ・・」

この年配のHさんでも言う位、朝青龍はテレビで溢れています・・・

確かに、今回の横綱としての朝青龍は、舐めきった行動と言われても、仕方がないと私は思います・・

「相撲のなり手がないからな〜ぁ、甘くし過ぎたんやろ

と、Hさんの弁。

やはり、日本人と外国人では育ちが違う分、感覚のずれみたいな物はあると思います。残念ですが・・

でも、横綱になった以上、それはもう通用しない身分になっています・・

なんせ横綱家元であり、神の前で戦いを奉納する神聖な『位』なんですから・・

でも、今時、日本人でもなり手がない職業で、それを外国人に頼っておきながら、今まで事無かれ主義で来た、相撲協会にも、もっと非があるように思います。

今、日本で『腹一杯、食えたら、それだけでいい』なんて若者が、この豊かになった現在にいる筈ないんですから・・

私は朝青龍が、かわいそうだとはまったく思いませんが、相撲取りになりたいと思える保障制度を確立する事が先決だと思います。

そんな話にHさんと花が咲き、カットも終えた頃、Hさんが私に、問いかけられました。

「おにいちゃん、これで相撲が外国人ばっかりになったらどうなんねんやろ?」

「う〜ん・・Hさん、すでに半分以上、外国人ですよ・・たぶん、すもうっていうローマ字スポーツになるんちゃいますか・・

「なんか、寂しいなりますな〜ぁ」


いつも陽気に帰られるHさん、今日は沈んでサロンを後にしました・・

朝青龍のことを読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


choei_moto at 01:47│この記事をクリップ!話題の出来事 | 長永先生の想い

この記事へのコメント

1. Posted by キューティーハニーです   2007年09月01日 13:16
ハニーも 今回の朝青龍の件ちょっと納得しません横綱にまでなった強い精神力の持ち主が病気になってるとは考えにくいし(本当にそうなら休んでいたほうがいいけど…)中田とサッカーだって若いし、やってみたかっただろうけど、ごめんねって言いたくないだけのパフォーマンスの気がします外国人だろうが文化の違いだろうが日本の国技それも横綱になってて親方も情けなく見えてくる稼ぎ頭の長男を甘やかした駄目な父親みたいでカッコ悪いなんだかムカツイてイライラしてきた今の日本の駄目なところの縮図のようです

2. Posted by 長永   2007年09月01日 23:44
コメントありがとうございます。私も同感なんですが、興奮すると、キューティーハニーさんより過激になるので・・「日本の誇り」を傷つけられても「媚を売る」日本人ばかりになった気がします
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。