2007年10月21日

アシスタントのアシスタント?〜前編

先日、東京の講習会では、10月1日に浜松で展示講習をしてきた後日談で大いに盛り上がる事になりました。

参加してくれた講師が、私のアシスタントをして、失敗した事を身振り手振り・・(笑)

それを見て、私自身思い出す事があったのです・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

実は今から15年位前、私の師匠、信竜淳二先生が、愛媛県、松山市の全日空ホテル展示講習のヘアーショウをする事になり、同行する事になりました。

大阪の主だった講師が付いて行く事となりましたが、私はカットのコンテストに出る予定をしていたので、「行けません・・」と答えました。

すると、先生が「もう、申し込んだのか?」と聞かれ、「いえ、これからです。」と答えると、

「止めろ!止めて俺について来い!」

「は、はい!」

そう答えるしかありませんでした。

(後で聞くと、先生は当時、私が蝉をモチーフにして作った編み込みのアップスタイル作品をそこで見せたかったらしいのです・・・)

ショウの前日、仕事が終わってから、夜行のフェリーに乗るべく、ウイッグで作ったそのアップの作品を脇に抱えて、大阪、弁天町のフェリー乗り場に向かいました。

私はフェリーなんて乗った事ありませんから、勝手が分からず、チケット売り場で、

「なん等室になさいますか?」

「一番安いので・・・」

「じゃあ、2等室ですねぇ・・それでは、住所と名前と電話番号を書いて下さい」

「船に乗るの初めてなんですけど、住所や名前なんか書かないとだめなんですね〜ぇ」

「ええ、船が沈んだりした時のために・・・云々」と答えたチケット売り場のお姉さんに思わず、

「ええ〜え〜ぇ沈むんですか〜あと思わず叫んでしまい、笑われました。

2等室は、大広間に枕がずら〜っと並んだ雑魚寝でした。

老人会の団体の中にうずもれた私は、その老人パワーに圧倒され、一晩中、話し声いびきせんべいを食べる音に悩まされました。(笑)

そして朝5時から、お婆さんが、せんべいをばりばり食べる音で目が覚めた(笑)私は、松山の港に着く事になったのです。

この続きは、後編に〜

アシスタントのアシスタント?〜前編を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


choei_moto at 01:56│Comments(3)TrackBack(0)この記事をクリップ!思い出 | アップスタイル

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 顧客の立場から質問させて下さい   2007年10月22日 13:58
3 >>・・・それでは、住所と名前と電話番号を書いて下さい」

初めて行った美容院で同じ要求を当然のごとく
要求されて不愉快に感じています。
何の目的なんでしょうか?
カルテ作成のため、顧客囲い込みのため、DM作成のため、etc..。  
大義名分はいろいろあるのでしょうが、それだけの責任を果たしてくれてるとも思えません。
所詮自分達のことしか考えていない(売り上げ至上主義)をまのあたりにする事も多いです。
特に個人店のオーナーでワンマンかつ、自分のことを「先生」と勘違いしてる美容師(そういう人に限って自信満々なんだけど、一般ビジネス界の常識をぜんぜん知らない輩多し。)に懲りた経験があるのでつい書いちゃいました。長文ごめんなさい<m(__)m>

2. Posted by 長永   2007年10月22日 23:25
コメントありがとうございます。
ご質問ですが、美容室は、物を売ってハイ終わりと言う商売ではなく、お客様の頭別に違う技術を施す商売です。
沢山のお客様が出入りするサロンほど、同姓も少なくなく、技術記録の管理は重要になってきます。言わば現代の美容室においては生命線とも言えます。
ただ、美容室のマクドナルド化に伴い美容師のマニュアルでの接客がお客様に、ちゃらけた印象を与えてしまい、お客様の不快感が、ご指摘の事柄に対して拒否反応を示されているように感じます。美容師が本当に「おもてなし」の心を持っているかでどうか、またお客様にそれが伝わっているかどうかが重要な気が致します。
3. Posted by 顧客の立場から質問させて下さい   2007年10月23日 09:14
4 難しい質問にお答えありがとうございました。
長永先生がフェリーに乗船された時(かなり昔の話のようですが)の受付の対応もよくないですよね。(初めて乗船するお客さんをそんな驚かせるなって(^^))
個人情報保護法(ザル法かも…)の施行とともに顧客の立場も理解できる方もいるようです。
URL: http://ameblo.jp/kaminonayami/entry-10030845764.html
私は名前と年代(せいぜい携帯電話の番号)以外今後は記入するつもりはありません。
自分の顧客は自分の物、あるいは店の物って考えの人多すぎ。(ーー;)
ホスピタリティー・マインドなんて一朝一夕で
身につくものでもないですしね(笑)


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。