2007年11月10日

初めて二日酔いになった日のこと〜前編

先日、11月5日(月)に、アップスタイルセミナーをしたのですが、そこで前半の1時間、私のエピソード等、喋っておりました。

もちろん、師匠である信竜淳二先生の事もいろいろ・・・

セミナーが終わってから、思い出した事があったんです信竜先生の事で・・・

セミナーに来ていた美容師の方で、もう20〜30%位しか信竜先生を知らない状態なんです。

無理もありません・・・年代が違うんですから・・・そんな先生との忘れられないエピソードです。

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

あれは、忘年会をする事になって、大阪の信竜会のメンバーと先生と鍋を食べに行った時の事です。

宴会が終わって、「本君、スナックに行くぞと先生・・

「あっ、ハイ・・・」と答える間もなく、残ったメンバーと先生行きつけの店に連れて行かれました。

その頃は先生も元気で、ガンガン酒を飲んでいました・・

私は当時、酒が飲めませんでした。ビールならコップ1杯程度しかだめだったのです。つまり二日酔いする程飲めない人間だったのです。

先生は既に出来上がっておりました。そして説教が始まりました・・

「本君、お前はどうして、あんなに下手なんだ・・」

「ハイ・・すいません・・・

「それに、変な物ばっかり作って・・どうやったらあんな形が思い浮かぶんだ・・お前のスタイルで見合いに行けるか?」

「俺は全国を廻っているが、お前程、下手で変な物作る奴は見た事ないお前の頭、割って見たいわ

「すいません・・・

「本君、どうして飲まないんだ

「先生、僕、酒が飲めないんです・・・」

「何じゃあ、俺が飲めるようにしてやる・・」

先生はウイスキーをコップ3分の2まで入れ、水を少しだけ入れました。

(うわ〜ぁ・・・殆どストレートやん・・・

先生は座った目でそのコップを突き出し、ひと言、「飲〜め・・・

飲むしかありません・・私は、一気に飲み乾しました。

「飲めるじゃないか〜ぁ・・と先生。

何故か神経が張っていたのか、全然酔わないんです・・初めての経験でした。

そして、短い時間にそのストレートに近い酒を3杯は飲まされました。

「本さん!!大丈夫」

周りが心配して囁きましたが、「大丈夫です。何故か全然酔わないんです・・」


私は極度の緊張と神経が高ぶると、初めて全然酔わない事を知ったのです。

さて、それからどうなったでしょう?続きは後編に・・・

初めて二日酔いになった日のこと〜前編を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします



choei_moto at 01:33│Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!思い出 | 長永先生の想い

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。