2008年03月27日

3月末になると・・・

今日は思い出のお話です・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

3月末になると、思い出すつらい出来事です。

これは、あまり人に語った事もなく、今日始めて書きます・・・

私が18歳の3月末、実はこの業界に初めて入ったわけです・・私には、なりたい職業がありました。またその為に18歳まで歩んで来たわけですが、大学受験の時期に、母親が病気で倒れるという事態になってしまったのです。

現在、私は自分の職業に誇りを持っていますし、プライドさえあります。

ですが、18歳の少年であった当時の私は、耐えられない事だったんです・・

当時進学校に通っていた私は、突然の家族の不幸に悩んだ結果、卒業後、家業を継ぐという決心をしました。

私のクラスで、大学に進学しなかったのは、私1人という結果になりました。

でも、家族の為と使命を持って決断した事でしたが、自分の全ての夢を捨て、諦めるという事が心のどこかで割り切れなかった私は、悔しくて悔しくて・・・夜ベッドに入ると涙が出て止まりませんでした。

私は小学生の頃から、法律関係の仕事に憧れ、検察官か弁護士になるのが夢だったのです。

以前のブログにも書きましたが、私の両親は、小さな小さなサロンを経営しておりました。父親は理容師で、母親は美容をしており、ごった煮の食堂屋さんのような、今で言うユニセックスサロンのはしりでありました。

元々、人使いが上手くない父は、従業員が続かず、母が倒れた時は、両親2人で営業していたのです。

たちまち困った父でしたが、病床から無理しながらも母がサロンに出てなんとか営業していたのです。

いくら将来自分の夢が叶っても、そんな両親を犠牲にして、踏みつけて行く事がはたして自分にとってどうなんだろう?と自問自答し、自分の夢より、家族の幸せを考えなければならない・・・そう決心したのです

それまで、サロンになんか立った事もない私でしたので、慣れない接客業に戸惑うばかりでした。

でも、心の底では、この仕事が嫌で嫌で・・たまりませんでした・・

私には、普通の理美容学校に通う方のように、辞めるという選択肢は取れないわけですから、毎日、毎日、『どうしたら好きになれるのか?』ばかり考えていたのです・・

当時の私のコンプレックスは物凄く、高校時代の友人に会うのが嫌で嫌で・・有名大学に通う連中と会うのが惨めで、惨めで・・・極力会わないようにしていました。

そして、心労と慣れない接客業に疲れたのか、神経性の胃炎になり、熱を出して寝込んでしまったのです・・・

今考えると、人間が出来ていないお坊ちゃんだっただけなのですが、当時はやはり相当悩む事になったのです・・・

続きは次回に・・・

3月末になると・・・を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ブログランキング

どうかクリックしてやって下さい♪現在何位でしょう?

BlogPeople「仕事」ブログランキング ←どうかクリックお願いします

にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします





choei_moto at 01:56│Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!思い出 | 長永先生の想い

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。