2008年07月20日

バックシャンプーではない??

普通、サロンでシャンプーというと後に寝て、つまりはバックシャンプーが当たり前なんですが・・・

ヘアースタイルランキングへ(このブログを応援して!)←最初にポチッとお願いします!

現在、美容室、理容室共、シャンプーと言いますとバックシャンプーが普通だと思います。

2〜30年前まで、シャンプーは美容室がバックシャンプー、理容室はフロントシャンプー(前かがみで洗う)が普通でした。

美容室の場合は、以前は男性なんか来ませんから、女性がシャンプーする時、化粧が落ちないようにどうしてもバックシャンプーでなければだめだったんですね・・

男性は、お腹を見せて尚且つ顔の上にタオルで目隠しされるなんて生理的に当時は受付けられなかったんです・・

理容室にバックシャンプーが普及し始めた時、年配のお客様からはクレームが多く、

「こんな女みたいなやり方は止めてくれ!前で洗わないと洗った気がしない!」

と、せっかくバックシャンプーを導入しても、バックシャンプー用のシャンプーボールで、前かがみで洗う事がまだまだ多かったようです。

現在、若い理容師の中にはフロントシャンプーが出来ない人もいるとか・・・

そして美容師はもちろん出来ませんが、若い理容師の方は、もうできないであろうシャンプー技術が理容室にはあったんです!!

それが、スタンドシャンプーです

私は子供の頃、父親がお客様にしているのをよく見ていました・・

それは、セットイスにお客様が座った状態でシャンプーをするんです!

泡が立ってきたらその泡を下に落とす事なくお客様の頭上で維持するんです・・ショートならまだ分かりますが、当時ロングの男性でもこれをやってました・・どんどん泡は大きくなりますが、常に頭上で風船のように維持されるんです

これは相当な技術力が要ります

私は専門学校時代これを習いましたが、店ではお客様の顔全面にシャンプーが滝の如く流れてよく怒られました(笑)スイマセン

父親のように極めないまま終ってしまいまして、スタンドシャンプーは20年近くやっていません・・・

私にとっては曲芸みたいな技術でしたが、して貰うと気持ちよかった記憶があります・・

達人になると女性のロングでも泡一つこぼさずシャンプーをされる方がいましたね〜ぇ脱帽です

シャンプーって奥が深いな〜あと思いますね〜ぇ

バックシャンプーではない?を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。出来れば、クリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

どうかクリックしてやって下さい♪

現在順位が落ちてます!お願いします!!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アメリカ留学   2008年07月21日 19:59
再度訪問しちゃいました、何度もすいません(汗)
何度か訪問してるんですが、今回はコメントも残そうと思って^^;
文章とかすっごく丁寧で本当に参考になります(^-^)
僕も今以上にがんばろうって初心に戻れました♪♪
またお邪魔させてもらいます☆
2. Posted by 長永   2008年07月22日 00:58
コメントありがとうございます。
また、何度も訪問ありがとうございます。
私もまたお邪魔させて頂きます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。