2008年07月27日

逆毛について考える〜その2

逆毛についてボチボチ話します・・・

逆毛は文字どうり、コームを逆向きに入れて髪の毛をセットし易いように形成する事です。⇒ヘアーランキング

技術的には、髪の毛を真上に梳き上げた状態を織物の縦糸とすると、逆毛は横糸を入れる作業なんです

逆毛には本来、3つの目的があり、そのそれぞれに立て方があります。

➀ボリュームを出す

➁面を繋げる

➂方向性を出す


そのそれぞれのパネルでの立てる所及び立て方が違うんです

通常、逆毛はパネルに対して平行に振るんですが、パネルに対してコームを持った腕ごと回転させて立てる方法があります。

これをローリングバックコームと呼びパネルの表面に逆毛を出したくない時に使います

逆毛の基本的な触りだけでも、ざっと、これだけの項目があります・・・

そこに複雑に技術が絡んできますので逆毛と一口に言っても大変奥の深い技術なんです

アップスタイルの面を陶器のように綺麗に完璧に仕上げる秘密は、この逆毛が50%以上を占めます

意外でしょう

表面を一生懸命コームで梳くよりも、大半は逆毛で決まってしまうと言う事なんです

私の会(長永会)で、まったく出来ない美容師の方に私が、「逆毛上手くなったね〜ぇと言うまで大体最低3年は掛かります

実際、お客様やモデルで私が認める位、綺麗な逆毛を立てられるのに8〜10年と言ったところでしょうか・・・・・

「じゃあ、逆毛は傷むの?傷まないの?」

と、言う質問ですが、答えは、

「傷まないと言ったら嘘になりますが、皆さんが考える程酷くはない。」

ヘアーダイでもパーマでも傷んでいるんです。それと同じという事です。

逆毛の傷みには幅があります。

技術の上手い下手で傷み方が物凄く違ってくるんです

そして殆どの美容師の方が最も傷む逆毛の立て方をしているという事を知って欲しいですね・・・・・

その事も含めて続きは次回に・・・

逆毛について考える〜その2を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在19位まで回復しました!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。