2008年07月29日

逆毛について考える〜その3

今日も逆毛の続きの話です・・・

実際、逆毛の技術は見て頂くのが一番というか、『百聞は一見にしかず』なんですが・・・⇒ヘアーランキング

さて、殆どの美容師さんが、最も傷む逆毛の立て方をしていると前回書きました。

文章だけでは分かり辛いんですが・・・

逆毛と言いますと、パネルに対してコームを歯の根元まで突っ込んで上から押し付けるように立てている方が殆どです

しかも、コームを強く握り、コームの歯の根元を毛に強く押し当てて下に向ってこする様に毛の根元に押し付けて行くんです

更に悪い事に、毛にハードスプレーをぶっかけてゴリゴリやるもんだから、毛は、たまったもんではありません

キューティクルは剥がれ落ち、しかも痛いです

こんな逆毛を立てられた方は、二度と逆毛は御免!!となり逆毛を憎むようになります・・・

技術その物が滅茶苦茶なんですが、美容師もそれを知る人は少ないです・・・

ましてや、それで「逆毛は・・・」なんて語られたんでは、逆毛の技術が泣くというもんです

逆毛の技術はそんな奥の浅いもんではないんです

先日させて頂いた美容総合出版『ヘアーと帯結び』の仕事で担当の横山さんがいつも、「先生の作品の秘密は逆毛ですもんね〜ぇあれは技術解説には載せられないから・・・」と製作中の私の技術を見て言うんです・・

私のアシスタントの方が全然分かってないんですけどね!(笑)

モデルさんも大概、私が逆毛をすると、驚いた表情をします・・・

「先生の逆毛は今までに味わった事のない感触で、おもいっきりコームを上下しているのに痛くないし、コームの当たる感触がウチワで叩かれているような感じですね・・だけど板状にしっかり入っているのが分かります!!」

と目を丸くします

そして、特別な場合を除いて私の逆毛は毛の根元から2〜3僂旅發までしか入れません

つまり、無駄な逆毛は入れないんです

ですから毛の傷みも物凄く違ってきます・・・

次回、私の逆毛の秘密を少しだけ書きます・・少しだけね!

逆毛について考える〜その3を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓


ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在19位まで回復しました!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします



人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。