2008年11月08日

後れ毛の処理って難しい

今日は専門的なお話・・・

私の会の講師がサロンでアップを結う時、後れ毛の処理で悩んでいるとの連絡が・・・

ちょっとその事を少し書いてみようかと・・・⇒ヘアーランキング

アップを結う時、美容師の方は分かるんですが、ネープもみあげの部分に、あほ毛というか後れ毛がパラパラと出るんですね

ベテランで上手な美容師さん程、これを気にします。

若い美容師さんでは、この事さえも分かっていない人も多く、酷い場合は、「ルーズに結って・・・」などと平気で言います。

わざと後れ毛を出すのと、技術的に未熟で後れ毛が出ているのとは違うんです

相談してきた彼女も、お客様が、お水商売オンリーのサロンで働いている関係上、注文がうるさく悩んでいる様子・・・

お客様の方が、その辺の事を未熟な美容師以上に分かっている為、厄介なんですね

この後れ毛の処理は、実は以外と難しいんです・・・くせ毛の人程、結った後からでも出てきます・・

これは後からハードスプレー等で処理しようとすると、くせ毛な人はクチャクチャと絡みついて、かえって汚くなってしまうんです。

この後れ毛を出さない、また表面に細かい、あほ毛を出さないようにするには、アップの準備が大いに関係してくるんです。

最近はアップを結う時、巻くのにホットカーラーを多用する事が多いんです。

実はホットカーラーは短時間で仕事ができる、すぐれ物なんですが、欠点もあるんです。

髪の毛の根元には効かないという事なんです

クレバスが出来にくいという長所があるんですが、諸刃の剣と言った所でしょうか・・・

艶は出るんですが、髪の毛一本一本が添い難いんです・・

時間は掛かりますが、網カーラーお釜ドライヤーに入る方が、カールはしっかりしていますし、髪の毛も根元から毛が一定方向に添い馴染みは断然いいんです

ホットカーラーはパーマと違い、テンションをきちんと掛けて巻かないとカールも付きませんし、艶も出ませんし、根元近くは全くカールが効きません

特に後れ毛を少なくするには、後れ毛の出易い生え際を、丁寧にカーラーを効かして巻く必要があります。

もちろん、ホットカーラーを巻く前に、セットローションを十分塗布し効かせておく必要がありますが・・・

そして、ヘアークリーム、ファイバークリーム、グロス等、髪の表面と中で塗布する物を使い分け、十分な下準備をします。

また、スプレーハード、ソフトで使い分けます。気になる箇所は技術中にソフトのスプレーを使うと馴染みがいいかも・・・

『巨人の星』消える魔球の如く、3つ位の工程を重ねて完璧にしていく訳なんです。

そして最後に表面ギリギリまで逆毛が根元に同じ厚みで立てられるかがミソですかね・・・これが一番難しいんですけど・・・

後れ毛を出さない綺麗な仕事をするには、やはり準備に手を抜かない事が最も重要ですね・・・これが一番の基本かな

後れ毛の処理って難しいを読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在15位に下降しました!変わらぬご支援お願い致します!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします

現在ヘアケア部門19位です!


私の会(長永会)のサイトです!アップスタイルの講習会に興味のある方はどうぞ!!⇒@Moto with 長永会

人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


choei_moto at 01:51│Comments(5)TrackBack(0)この記事をクリップ!アップスタイル 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ラム   2014年12月03日 23:18
はじめまして、後れ毛の処理で検索していてこの記事に行き着きました。
一般人にもできる簡単なアップスタイルでの後れ毛の処理方法を教えて頂けませんか?
2. Posted by 長永   2014年12月03日 23:47
コメントありがとうございます。完璧にするのは無理ですが、一般の方の場合、一番簡単な方法は後れ毛が出る生え際部分を中心にワックスやグロスをブラシの毛に塗布してから、そのブラシで髪の毛をとき上げると上手くいく場合が多いです。その時、ブラシに付けたグロスを一旦手のひらで余分な量を取ってから梳くと、沢山付け過ぎて、ベタッとなるのを防ぐ事ができます。
3. Posted by ラム   2014年12月04日 03:39
お返事ありがとうございます。
もしよろしければ、ワックスやグロスの種類や、硬さ?など、どんなタイプの物でブラッシングしたらいいのかも教えて頂きたいです。
4. Posted by 長永   2014年12月05日 23:35
参考になるか?どうか分かりませんが、ワックス、グロス共に硬めの物を使用します。直接、ブラシでチョンチョンという感じでブラシの毛にタップするような感じで全体につけて手のひらで扱いて余分なワックスを落として使用します。残念ながら、一般の方が買うワックス、グロスは分からないので色々試して頂くしかないのですが・・・僕たちプロはワックスとグロスを混ぜて使う事もしばしばです。硬さは10段階で言うと6〜8位の物を使います。グロスは油性ではなく水溶性の物を使用します。一般で売っているか?は分かりませんが・・・
5. Posted by ラム   2014年12月06日 03:39
詳しく教えて下さりありがとうございます!
とても参考になります(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
グロスは今まで使ったことないので、新しいレパートリーが増えました!
今度試してみようと思います♩
本当にありがとうございました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。