2009年03月03日

上手くなる方法〜その2

以前、ブログで上手くなる最初の方法って記事を書きましたが・・・

その続きです⇒ヘアーランキング

アップスタイルが上手くなる次にする事は?

まず、最初が、『最後までスタイルを完成させる』でした・・・

次が、『1つのスタイルを、完璧と思えるまで最低50回は作る』事なんです

50回

そう50回です・・・最低30回以上はしないと・・・

これ、私の師匠である信竜先生がよく、「最低50回は練習しろ!!」と言われていたんですが・・・

私も最初、意味が分からなかったんです・・・

(同じもんばっかり50回も作られへんわ〜ぁ

と思っていて、いつも一発勝負で、作品を作って講習会に持って行ってたんです。

「本君、お前は、これを何回作った

「はぁ・・・これのみですが・・一発勝負で・・・」

「バカ野郎!!最低30回は作ってから持ってこい!!」

「すいません・・・」

というのが日課だった事を思い出します。

ここ何年かで、この意味をやっと体で分かるようになってきまして・・・

これ、ただ、回数だけ50回作るというのではなくて、完成させたスタイルを何度も推敲する・・・つまり、どこが悪いか考えてより良く作品を煮詰めるという意味なんですが・・・

初心者の内は、これはきついんです!!だって、作るだけで精一杯なんですから・・これを何度もなんて気が遠くなる作業で・・考えただけでもゾ〜ッとする訳です。

それで、私の場合、ベーシック科で行うような基本的な作品を一つ決めてこれを何度も行うようにしてみたんです。

これ最初、全部を何度もすると考えるとキツイので、ワンロールですと、ピン打ちまでとか、ロールだけとか、パーツパーツの工程だけ練習する方法も織り交ぜると大分楽な気持ちになって、ハマっていくと何とも思わずに出来るようになってきます。

そして、テキストを見て、『何故、自分のスタイルと違うのか?』を考え、頭の中で、テキストを見て作ってみる事もお勧めします。

これなら、道具は要らない訳ですから、電車の中でも出来る訳です

こういう作業も回数の内に入れて50回と考えてみますと、大分楽になってきたでしょう

1つの作品が上手くなってくると、まだ、やっていない他の作品何故か不思議出来るではありませんか

これは、1つの作品だけを煮詰める事で、スタイルを見る目実際の技術行程を行う目線手の動き等の次元が別物になったからなんです・・・

その状態で他の作品にトライしても出来てしまうんです・・

『基本的な1つの作品を50回作る』を是非、実行して下さい

自分でどうしても出来ない人は、私の会では上のクラスに上がると下のクラスのレッスンはフリーで受講できる事になっていますので、そこでみっちり補習をおこなって、家でそれらができるように仕込むんですが・・・ある2〜3人は驚く程上達しました

そうなると面白くなって、よけいに練習するみたいですね・・・

私は、最近、勉強のできない学生を集めて、成績を上げる学習塾の先生のようになってきたな〜ぁ(笑)と感じるこの頃です・・・

上手くなる方法〜その2を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在8位を維持しています!変わらぬご支援お願い致します!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします

現在ヘアケア部門17位です!


私の会(長永会)のサイトです!アップスタイルの講習会に興味のある方はどうぞ!!⇒@Moto with 長永会

人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by AGA ハゲ 治療 費用 薄毛 病院 日記   2009年03月03日 14:38
これはどんなことにも通じますよね!!

肝に銘じておきます。
2. Posted by 長永   2009年03月03日 22:07
AGA ハゲ 治療 費用 薄毛 病院 日記さんコメントありがとうございます。

頑張って下さい。
3. Posted by 未来   2009年12月06日 17:52
こんにちは。

>つまり、どこが悪いか考えてより良く作品を煮詰めるという意味なんですが・・・

なるほど。
同じものを何回作っても同じものしかできない…って頭のなかで考えてしまいがちだけれど、実際、やってみると、いろいろなことが見えてくるものなんですね〜^^

実際にやってみて、
「ああ、こういうことなのか…」
って、自分なりの発見をするって大切だなって思いました。
4. Posted by 長永   2009年12月07日 00:54
未来さんコメントありがとうございます。
この話は、経験しないと深さが分らない所がありますね・・・
また、立ち寄って頂けたらと思います。
ありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。