2009年03月07日

上手くなる方法〜その3

アップが上手くなる方法〜その2からの続きです。⇒ヘアーランキング

前回では、『1スタイルを50回作る』話をしました。

今回はノートの話です。

美容師の方は、サロンでの勉強会、外部での講習会等でレッスンをする時、大抵の方はノートに記録や気付いた事を筆記すると思うんですが・・・

講習会に行き、テキスト等を貰って講習を受ける事が多いと思いますが、この時、もう作り方の手順は書いてあるんだからといって、テキストに目を通すだけで講習を受ける方は、絶対上手くなりません

ましてや、テキストがない講習なのに、筆記もせず、ただ見ているだけの方は、上達する事もありません

でも、以外と多いです

私の経験でも、見ていると全受講生3分の1の方は、全く筆記をしません・・・

最も多いのが、テキストに、チョコチョコと書き込みをする位の筆記で講習を受ける方ですね・・・殆どがこのタイプですが、次の日には殆ど忘れていて、テキストを見ても分からない状態になっています

テキストがあると、後で見たら分かるわ!!と慢心しているんですが、後で見ると、肝心な所はみな抜けているんです

それでは、上達のしようがないというもんです

頭で分かっているのと、実際出来る事は違うのです。

絶対上手くなりませんし、プライドだけは高い人程、その傾向が強いように思います。

この人は上手くなるな・・と言う人は、先ず、

人の話をよく聞きます。

そして一番肝心な事、

テキストとは別にノートを取り、写真も撮り、それらをもう一度まとめ直して、私が行った講習をもう一度、再現できる位に、綺麗にまとめ上げたノートを作る人です

そう言う人は私が言った事だけではなく、その時の私の持ったコームの角度やパネルの位置まで、事細かに詳細に一回の講習その物を持って帰ろうとする姿勢の方は、絶対上手くなりますね・・・

あるセミナーでも言ってましたが、ノートを取らない人で出世した人はいないように、ノートを取らないで本当に上達する人はいないですね・・断言します

同じスタイルの講習を10回受けても、その時によって気付く事感じる事は違いますし、上達の度合によっても違ってきます・・それを、そのスタイルをまとめ上げたページに書き足していくんです・・1つのスタイルを掘り下げて行く習慣も身に付いていく訳です。

私は、本当に上手くなりたいなら、まず、記録の作り方を研究する事だといつも言ってます。

ノートは勿論、写真も逐一撮って、それをどうまとめ上げるか・・・そうする事で講習自体を受ける姿勢がまるっきり違ってくるんです

全受講生1割以下しかいませんけど・・・

上手くなる方法〜その3を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在8位に上昇しています!変わらぬご支援お願い致します!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします

現在ヘアケア部門11位です!


私の会(長永会)のサイトです!アップスタイルの講習会に興味のある方はどうぞ!!⇒@Moto with 長永会

人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。