2009年05月28日

あんたホンマに大丈夫か?

実は私の母親なんですけど、私が講習をしているところも、セミナーなんかやっているところも、ただの一度も見たことがありません

つまり、サロン以外の私を見た事がないんです⇒ヘアーランキング

ですから、母親にしますと、息子が本当に講習がで出来ているのか心配を通り越して、

「あんたホンマに大丈夫か?」

という言葉がいつになく出てくるわけです。

母親の頭の中では、20代の頃の駆け出し時代で止まっているようで、同業者の方々にアップを教えている事自体、我息子が本当に出来るのか?と、つい最近まで信じていませんでしたから・・・

一応言っときますが、母親は素人ではありません。

私が二代目なんですから・・・

最近は美容雑誌等で私の作品が印刷されたものを見るんで、「こんなん出来るんやな・・・」とは思っているみたいなんですが、実際にサロンでは、そんな大げさな物を作る事はないですから、「本当に我息子が作ったんか??」となるみたいです。

母親にしますとサロンで働いている私それ程頼りなく映っているようで、こんな程度で、会長やって、東京も行ってるのが、どうも信じられへん!!という訳です

昨年、北海道美容講師会の招待でセミナーを行ったんですが、講師会で配られるチラシにデカデカと息子の写真が載っているのを見て驚き、

「あんた、ホンマに大丈夫なんかいな・・向こうのモデルさんで、ぶっつけでやるんやろ?」

「ああ・・大丈夫やろ・・・」

「ほんで、もう何するんか決めてあるんかいな

「大体はな・・・完全ではないけど・・」

「大体って・・そんなんで大丈夫かいなホンマに向こうのそんな講師会の人が見に来はるとこで、恥ずかしくないもん作れるんかいな

「大丈夫やて・・・何とかなるやろ・・・」

「ホンマに出来るんかいな・・・あんたは学生時代からギリギリになって慌てるんやから・・・今度かてギリギリになってから慌てたって知らんで・・・悠長な事言うて・・・(ブツブツ)」

と、まあ・・こんな調子で・・・(笑)

どうも息子がアップが結える事自体半信半疑でして・・ましてや人前では、とんでもないんでしょう・・(笑)

今年も北海道へ講師会の招待で3回も行く事に・・

母親曰く、「向こうへ行ったらちゃんと『よろしくお願いします』言わなあかんで

「・・・・・・」

いったい息子が何歳になったのか・・息子の立場はどうなのか・・まったく根本的には分かってないようで・・・

あんたホンマに大丈夫か?を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在7位に上昇しています!変わらぬご支援お願い致します!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします

現在ヘアケア部門19位です!


私の会(長永会)のサイトです!アップスタイルの講習会に興味のある方はどうぞ!!⇒@Moto with 長永会

人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします




choei_moto at 02:23│Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!サロンでの出来事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。