2009年07月17日

サイモンとガーファンクル


今日は私の青春時代のお話・・・

7月13日、大阪でサイモンとガーファンクルのコンサートが京セラドームであったんですが・・・⇒ヘアーランキング

私は、行く事が出来ませんでした

ジャパンツアーをする事を知ったのが遅過ぎて、チケットを買えなかったんです

私がギターを始めたのが、このデュオの曲を聴いたのがきっかけでした・・

中学3年生の時、初めて聴いた私は言葉を失ったんです。

元々、どこかで聴いた事はあるなという曲が多かったんですが、私はこのポール・サイモンが弾くギターに魅了されてしまったんです。

当時はフォークブームがまだあって、日本のフォークシンガーの曲を聴いていたけれど、こんなに深みのあるギターサウンドは初めてで、驚きました。

後に、日本のフォークシンガーの殆どが彼らから影響を受けた事を知り、本家本元はやっぱり違うな〜ぁと思ったもんでした。

高校に入学するなり、同級生でレコードと同じに弾ける奴がいる事に驚き、元来負けず嫌いの私は独学でギターを始める決意をするわけですが・・・

そして、ギター彼らのギター教則本を探しまわって買いました。

なんせ、ドレミファ♪も弾けない所からのスタートですから並大抵ではありません・・・

来る日も来る日も、指から血を流しながらも練習したんです。

2年もすると、大抵の曲は弾けるようになっていました・・・そして2年も毎日、研究すると、ポール・サイモンの癖なんかも分かってきて、ライブで入れるアドリブもどの和音を使うか分かってくるまでになったんです

そして、高校時代、私が最も好きで、最も得意なギターが、この映像にある『早く家に帰りたい』という曲でした。

当時は、彼の使っているギターが欲しくて、欲しくて・・・

この硬くて太い大きな音は、安もんのギターでは出ないんですよ・・

彼はいつもギルドというギターの愛用者でして・・(映像のギターはギルドD-35ではないか?と・・・)

高校時代、大阪、梅田の三番街にあったナカイ楽器に行ってショウウインドウに顔をベタっとくっつけて見にいった記憶がありますね・・(笑)

やはり、彼らの曲を聴くと、高校時代を思い出して、懐かしさとあの当時の色々な出来事が走馬灯のように浮かんで来ますね・・

これ以上書くと、また大学を諦め、家業を継がなければならなかった時のあの張り裂けるような悔しい気持ちを思い出すので止めます・・・

でも、ギルドのギターは、レスポール同様、いつか買おうと嫁には内緒で企んでいるんですよ・・・(笑)

サイモンとガーファンクルを読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在11位に下降しています!変わらぬご支援お願い致します!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします

現在ヘアケア部門16位です!


私の会(長永会)のサイトです!アップスタイルの講習会に興味のある方はどうぞ!!⇒@Moto with 長永会

人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします










choei_moto at 00:21│Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!思い出 | 趣味

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。2020年なにわの名工(大阪府優秀技能者表彰)受賞。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習、美容学校での特別講師等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。