2011年03月21日

思い出の消失

現在、東日本大震災から10日余りが経とうとしています。

テレビでも1日中の報道はなくなりましたが、家族を失った慟哭を聞く度に、貧乏でも家族と共に暮らせる私は幸せを感じざるを得ません・・・

仮に私が被災者であっても、今現在では励ましの言葉を頂いても、どう受け止めていいか?分らないでしょうし、また反対に家族を失った被災者の方々を目の前にしてもどう声を掛けていいか?分らないでしょう・・・

壊れた物が、物であれば、時間は掛かるでしょうが、もう一度作り直す事は可能です。⇒ヘアーランキング

ですが、思い出にまつわる二度と作り出せない物はどうする事もできません・・・

写真、子供の頃の絵、卒業アルバム、遺品、トロフィー、賞状等・・・

自分の生きて来た証先祖から継承した品が無くなってしまうんですから・・・

確かにあってのものです・・命が助かる事が一番重要なんですけど・・

今迄、生きて来た証が全て消失する寂しさは、私自身想像するに、これ程寂しく空しいものはありません

私の父親も20歳少し前に水害に遭い、それ以前の全ての思い出の写真は1枚もありません・・・

また、若くして親兄弟と死に別れており、自分が家族を作った時からが自分の歴史になっている父親なんです。

これは初めて書きますが、両親の結婚式の前夜に私の父親は母を亡くしているんです・・脳梗塞でした・・

ですから結婚式の日が葬式になったという前代未聞の経験をしている両親です

また私の嫁も結婚して1年後に父親を亡くしています・・

家族が亡くなるだけでなくその全ての思い出の証も無くなり、自分自身だけが生き残った場合、『生きていてもしょうがない・・』と思う気持ちを払い除ける事ができるでしょうか

私の父親も嫁も自分の家族を持つ事で寂しい想いを払拭していける自分の存在の証を持つ事ができましたが、

それさえも無くしてしまったらどうなってしまうんでしょう・・・・・

そんな思いを東北の家族を亡くした被災者の方々に重ねて考えてしまいます・・

「強く生きて頑張って下さいという言葉が空しく響くのは私だけでしょうか・・・

思い出の消失を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在18位に上昇しています!変わらぬご支援お願い致します!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします

現在ヘアケア部門13位になってます!



私の会(長永会)のサイトです!アップスタイルの講習会に興味のある方はどうぞ!!⇒@Moto with 長永会

人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします





choei_moto at 23:59│Comments(3)TrackBack(0)この記事をクリップ!話題の出来事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by michiyo3   2011年03月22日 08:14
本当に身内の死、喪失などは
心に大きな傷ができます。
トラウマにもなったりして、

私も幼いとき父親と弟がいなくなり
37歳ぐらいで母親もいなくなってしまいましたが、
それから出会った人の優しさでやってこれた気がします。

でも、本当に震災の方と同じ経験したりしたことがないので、理解はしてあげられないかもしれません。

こんなことをいって
申し訳ありませんが
時間しかないかもしれません。
でも、きっといいことも喜びも待っている気がします。





2. Posted by タクママ   2011年03月22日 21:33
東日本大震災で、アルバムを抱えたまま、亡くなれたお祖父様がいられました。
一度、2階まで逃げ、アルバム(お孫さんの写真)を取りに、1階に行かれたそうです。

お祖父様に取って、アルバムは家族の証。凄く大切な物だったのでしょうね。

今回、震災があり、歩いて帰らなくては帰れない状態でした。
歩いて帰ろうと思ったのは、やはり、家族がいたからだと思います。
このブログを読み、現在ある家族&思い出の品物を大切にしたいと、心から思いました。
3. Posted by 長永   2011年03月26日 23:29
タクママさんコメントありがとうございます。

そうですね・・・歳が行けば行くほど、人は思い出に生きて行きます。

若い時には無関心でも歳が行った時に思い出がない寂しさはしみじみと堪えてきます。

大切に・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。