2011年06月27日

今回の撮影話の続き・・・

前回からの続きです・・・(笑)⇒ヘアーランキング

話が、ドラマの仁のようになっていますが、気にしないで下さい(笑)

2012用作品2



















撮影に入る前に、スタジオで美容総合出版の編集長、樹貴さんと話してたんです。

「今回、2作品共、信竜先生の好みの作品に何故かなってしまったんですが、特に2作品目は、意味が深いんです・・・」

「え・・・どんな風にですか?」

「実は、先生が生前特に大切にされていた編み込みを現在風な作品に落とし込んだ物なんです・・」

「それは興味深いですね

2作品目に編み込みを今回入れました

この編み込み技は、信竜先生が特に大切にされていた物で、生前、講習会にこの編み込み技を使った作品を持って行くと、

「この作品は、講習会には持ってくるな!」

と、そっと耳打ちされた代物なんです・・・

2012用作品3














今まで、私自身、撮影、ショー等、一切避けるように出しませんでしたし、講習会でも10年間で1〜2回しかした事がありません・・・

実は、出したくても出せなかったんです・・・

と、言いますのは、実際のモデルさんこの編み込み技を決めるのは至難の技だからなんです

ウイッグでは4〜5年もすれば何とか形になるんです。

ところが実際の人間モデルでは、網目も・・その他の面も・・全て弛んでしまい、形にならないんです

物凄く高度な逆毛の技術が要求される作品なんです

私は今回、自分の会を持って11年目にして初めて、この編み込み技を使った作品を撮影で披露する決心をしたんです・・・

何故だかは分りません・・・

今回の撮影のお話を頂いてから、ずっ〜とこの編み込み技を入れた作品が脳裏に焼き付いて離れませんでした。

別の作品を考えようとして、頭の中で何度も何度も掻き消しても強く表れるんです・・

そしてトップからフロントに掛けてのフォルム・・・

これも超難度です・・

4〜5年前の私なら、これを人間モデルで決める事は出来なかったし、デザインすら思い浮かばなかったでしょうね・・・

このフォルムは、実は劇画漫画の女組長のヘアースタイルをヒントに思いついた物です

フロントもバックも超難度の作品を考案した私は、約1か月、毎日午前2〜3時まで練習する事に・・・

日頃、練習せん私がですよ

それ程、この作品を決める自信が無かった・・という事でもありますよね・・・・・

それでも、リスクを冒してもこの作品をしようとしたのは、

時期が来ていた・・事と、私より若い世代への引き継ぎ・・であるんでしょうか?

そして、当日、この作品を作っている最中に起こる出来事が・・・

また次回に続きます

今回の撮影話の続き・・・を読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。あなたの一票が私の応援になります。どうか読んで頂いたついでにクリックお願いしますm( _ _ )m ↓ ↓ ↓

ランキングバナー

⇒どうかクリックしてやって下さい(涙)

このブログの応援の為、ご協力お願いします!!ポチッとするだけでいいんです(涙)現在22位に下降しています!変わらぬご支援お願い致します!


にほんブログ村 美容ブログ←こちらもクリックお願いします

現在6位になってます!



私の会(長永会)のサイトです!アップスタイルの講習会に興味のある方はどうぞ!!⇒@Moto with 長永会

人気blogランキングに携帯からクリックして頂いている方は、ドコモの場合、別の画面が出ますので、そこの直接アクセスと書いている部分をもう一度クリックをお願いします



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

本 長永(もと・ちょうえい)

一般社団法人 美容協会長永会 理事長・MOTO代表・大阪府出身。
本名は本 吉永(もと・よしなが)だが、長永(ちょうえい)を美容界の雅号としている。
美容界でアップの達人であった、故・信竜淳二氏に師事。元信竜会幹部講師。1992年、信竜会全国大会において金賞一席&しんびよう賞を獲得。2000年長永会を発足。
現在、東京・大阪・神戸の各支部においての講習活動、雑誌撮影、展示講習等で活躍中!
10代の頃からレッド・ツェッペリンの大ファンであり、ジミー・ペイジに憧れ、感銘を受ける。心の奥底に美容界でアップスタイルのジミー・ペイジになる事を夢見る。
 

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人からのお知らせ
ヾ浜人が、掲載記事にまったく関係ないと判断致しましたコメントは、即刻削除致します。

管理人が、誹謗及び中傷と判断致しましたコメントも同様に削除致します。

アダルト系からのトラックバック、及び管理人が当ブログに不適切と判断しましたトラックバックも削除致します。

これらは一切の通達なしに管理人が独自で行う事をご了承下さいませ。